障害者問題への取り組みNews

障害者問題への取り組み の記事一覧

 当社は福山市で金属製品の製造をしています。社員数35名の内、4名の障害者(肢体不自由・聴覚障害・広汎性発達障害2名)を雇用しています。  障害は主に、知的障害・身体障害・精神障害・発達障害の4つに分けられます。発達障害…

>続きを読む

 10月19日・20日、福山市で開催される第19回障害者問題全国交流会in広島(福山)の準備が進んでいます。他県の同友会へのPRとして、5月27日には岡山同友会総会でPR活動を行いました。  また、県内各地で障害者問題を…

>続きを読む

 5月19日、福山パークレーンにてB地区5月例会が行われました。発表者はティファーレ 副理事長 村上 匡氏でした。タイトルは『就労支援から学ぶマネージメント』サブタイトルは匡の考える勝ちグセ!でした。  タイトルにあるマ…

>続きを読む

(感想1)障害者雇用を率先して実行されている、メタルワーク福山 代表の大植様の体験から基づくとてもわかりやすい報告でした。  失敗から学んだ事、その障害の特性を理解してその人、その人のやる気スイッチを見つけて適材適所に配…

>続きを読む

  4月3日、合同入社式に続き、特別支援学校の卒業生を対象にした、新入社員研修1日コースを開催しました。カリキュラムでは、ホウレンソウの大切さ、給料の使い方などを学び、「私のがんばりたいこと」をテーマにグループ討論を行い…

>続きを読む

  入会当時の我が社は、社員10名そこそこの“町工場”で、工場は乱雑で通路もなく、社員の制服もありません。当時は社員のことを「敵」くらいに思っていました。入会して27年、役員を引き受けて17年、現在はどうか。売上は約4倍…

>続きを読む

 女性部3月例会は、「みんなの働きやすい環境を目指して、一年間やって感じた事」と題して、㈲むらかみの園部史江さんに報告して頂きました。題名の「みんなの働きやすい環境を目指して…」と言われても何についての報告?と思われるか…

>続きを読む

●知ることから始めよう  広島四支部障害者問題委員会では、「知ることから始めよう!」をテーマに、一月一八日企業見学会を開催しました。  今回は、ヒューマックスさんの現場である済生会広島病院を訪問・見学しました。  第一部…

>続きを読む

 D地区の2月例会は㈱建内建材店 代表取締役の建内博行氏をお招きし、本年10月に福山で開催される「障害者問題全国交流会」にタイミングをあわせて、障害者の方々について理解を深めるための報告をして頂きました。  報告の中では…

>続きを読む

メインテーマ:誰もが安心して暮らせ、夢が持てる地域づくりを開催地スローガン:もっと知ってもらい鯛(タイ)。しることからはじまるんじゃけぇ 全国大会「障全交」が福山にやってくる  2年に1度、開催される障害者問題全国交流会…

>続きを読む
トップヘ