調査研究News

取り組み進むも、業種間・規模別格差が大きい ~地球環境アンケート2015のご報告

七月に行ったアンケートでは、ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。
 今回のアンケートは、EA二一の自己チェックシートにそって設問を作成しました。選択肢そのものが、皆様へのヒントになれば、と考えました。そのため昨年より設問数が大幅に増え、回答率を下げた(11% →8%)原因と思われます。
 全体に環境保全への取り組みが進んでいるようです。取り組みがすすんでいる項目は、こまめな消灯などの日常的な取り組み、設備導入時の省エネ化、ペーパーレス化、グリーン購入、包装資材などのリユース、地域活動参加等です。

 業種によって取り組みがむつかしい設問もありますが、それ以上に、業種間の意識の違いがあるようです。製造業・建設業は比較的意識が高く取り組み件数も多い。逆に情報流通商業やサービス業は比較的意識が低く、取り組みの件数も少なくなっています。
 企業規模別分析では、企業規模が大きいほど成果が出ているという回答率が高く、取り組みの数も多くなっています。逆に企業規模が小さいほど、成果や取り組みの方向性が見えにくくなっているようです。社員数の多い会社ほど、方針や具体的な目標が明確な傾向があり、そのため実績を確認しやすいのでは、と考えています。
 IPCC報告を信じないという残念な回答もありました。IPCC報告はデータから導き出された科学的知見です。環境問題への正しい理解が求められます。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

調査研究 の記事一覧

 政策委員会(宮崎基委員長)は、7月3日から3週間、今年度第1回のアンケート調査を実施しました。回答いただいた474名の皆さん、有難うございました。概要を紹介します。 (※DI=傾向をみるための数値。DIが100に近づく…

>続きを読む

 西日本豪雨被災後、すぐに懸念されたのが2次被害(間接被害)です。飲食店ではキャンセルが相次ぎ、物流の停滞、断水などで事業活動ができないとの声が多く寄せられました。そこで、中同協災害対策本部と連携し、被災のあった県で同様…

>続きを読む
トップヘ