同友ひろしまNews

ベンチマークをもとにメインバンクと対話しよう ~金融庁 日下智晴室長を迎えて

日下室長

 年の瀬も押し詰まった12月24日、県政策委員会(佐藤清子委員長)は、金融庁の地域金融企画室長と地域金融機関等モニタリング長を兼任する日下智晴氏をお招きして、「金融庁の新しい方針と元気な地域づくりと中小企業づくり」の勉強会を行いました。参加を呼び掛けたすべての県内金融機関の幹部の皆さんが出席しました。
 金融庁の新しい方針とは、取引先の企業価値の向上や地域経済活性化のために、金融機関自身による創意工夫を促すための新しい検査・監督の手法として、『金融仲介機能のベンチマーク』を打ち出したことです。日下室長は、これまでの不良債権処理とその後遺症について解説し、地域密着型金融について歴史を振り返りながら、目指すべき方向を語りました。
 日下室長は広島の金融機関を退職し、1年前、金融庁の現職に就任しました。昨年、金融庁の出した『金融機関に金融仲介機能の十分な発揮を促す。担保・保証に依存する融資姿勢を改め、事業に対する目利き力を高め、地方創生をはかり、企業と経済の持続的成長に貢献する』という行政方針に、「いよいよこの日が来た。金融庁の変わる日が来た。不良債権処理から本来のミッションに立ち返った」と思ったそうです。
 お話では、「少子化と人口減少が進む中で、地域をいかに元気にするか、行政も金融機関も企業も本気で考えなくてはなりません。日本の金融機関が健全な今こそ、企業価値の向上や経済の持続的成長に貢献する金融業を実現しなくてはなりません。金融庁は腹を括っています」と強調しました。

2017-01douyuuhirosima (10)

 各金融機関は、金融庁の方針を受け企業活動と地域経済に貢献していくための独自のベンチマークをこれから公表していきます。私たち企業には、そのベンチマークをもとにメインバンクと対話し、自社の経営に活用(どのようなサービスを金融機関に求めるのか)していくことが求められ、こうしたことが金融庁のめざす地域経済の持続的成長につながることを確認した勉強会となりました。

ご出席の金融機関の皆さん (順不同 敬称略)
広島銀行      取締役専務執行役員 廣田  亨
広島銀行      融資企画部長    野口  貴博
もみじ銀行     専務取締役     神田  一成
広島信用金庫    常務理事      川上  武
広島信用金庫    常勤理事      龍田  賢司
呉信用金庫     常務理事      向井  淳滋
しまなみ信用金庫  常務理事      安原  稔
広島市信用組合   常務理事      前   正義
広島市信用組合   常務理事      下紺  晶
広島県信用組合   常務理事      田邊  昌彦
両備信用組合    理事長       安原  秀治
両備信用組合    常務理事      下箱石 剛
広島県信用保証協会 常勤理事      古元  克則

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

■人を見る目を養う     私が同友会に入ったのは、会社の創業10年目に労組ができたことがきっかけです。社員は「この会社の10年後の賃金体系がわからない」と言いました。中小企業の行く先なんて社長の頭の中にだけあるものでし…

>続きを読む

実践報告① 「同業者仲間との切磋琢磨が飛躍に繋がった」   ●同業他社との研鑚    私は高校を卒業後、左官業を6年経験し独立、今年10年目に入りました、07年よりリフォーム業にも業態を広げています。  実は週に1~2回…

>続きを読む

●全国制覇の夢  わが社は、広島から関西間の輸送を手掛けています。温度管理車による冷凍食品、ウイング車輌での自動車部品の輸送を行っています。社員数は19名。売上高は約2億4千万円(2016年度)です。エコドライブの再確認…

>続きを読む

  入会当時の我が社は、社員10名そこそこの“町工場”で、工場は乱雑で通路もなく、社員の制服もありません。当時は社員のことを「敵」くらいに思っていました。入会して27年、役員を引き受けて17年、現在はどうか。売上は約4倍…

>続きを読む

 去る3月23日(木)、東広島支部オープン例会が開催、43名が参加(内オブザーバー7名。金融機関含む)し学び合いました。住岡氏の報告の概要をご紹介します。   ●仕込まれたスイッチ  わが社は、人々にとって欠かすことので…

>続きを読む
トップヘ