同友ひろしまNews

広商インターンシップ 今年で14年目 支援委員会と夏のインターンシップを開催 ~会員企業53社で生徒84名を受け入れ~

 今年度も広島4支部では県立広島商業高校(広商)の2年生のインターンシップを受け入れました。この取り組みは今年で14年目に突入します。
 このインターンシップは授業の一環として行われ、全生徒が広島市内近郊の企業で夏休みの3日間を利用し就業体験をします。約300名の生徒のうち84名(男子32名、女子52名)を同友会会員企業53社で受け入れました。
 
■事前の支援委員会を開催
 準備段階として、同友会では就業体験が始まる2ヶ月前に会員企業で支援委員会を立ち上げています。広商のインターンシップは、校長先生を始め先生方が、生徒の中小企業での就業体験に強い期待をもっておられることから支援を継続して来ました
 会議では「こんな実習があるんだ」、「他社はこんなやり方をするんだ」という気づきなどを情報交換。各社の実習や昨年度の反省や改善点などを話し合い、夏のインターンシップ本番に向け、生徒への対応を意見交換しました。
 特に会員企業とそれ以外を比べると「働くことの喜びを感じることができた」「仕事をこなせる自信がついた」「社員との交流ができた」「実習中に疑問点が質問できた」といった項目が高くなっています。これも支援委員会を毎年開催して来た結果だと思います。

 
■インターンシップ本番
 そして夏本番の8月7日から9日の3日を基準に各企業にて実習が行われました。
 今回、4社(㈱カーファクトリーエム、㈱二興、㈱デイ・リンク、広島西山青果㈱)に取材に訪れました。各社とも先輩社員がしっかりと指導し、手取り足取りと仕事を教えていました。
 生徒の皆さんも授業の一環ではありますが、はじめての仕事を体験するので緊張の連続。黙々と作業する姿もありましたが休憩時間には社員さんと歓談し、笑顔で実習に取り組んでいました。
 また「仕事が面白い」と口々に話していたことも印象的でした。


 
■まとめの会を開催
 11月29日に同友会事務局にて実習のまとめとして第2回の振り返りの支援委員会を開催します。校長先生や、インターンシップ担当の先生も一緒に年2回の委員会を開催しています。
 生徒と企業、双方からのアンケートを比較してきめ細やかな要望や現場での問題点や課題をフィードバックできる体制を設けています。次年度の課題を探り、より良いものにしていきたいと思います。
 また来年1月24日に広商にて生徒さんのインターンシップを体験した報告会も開催されます。

 

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

●未来を見据えて変えよう、代わろう  去る2月8日・9日、兵庫県神戸市に2054名(会員と来賓)が集い、過去最大規模で開催されました。広島同友会からは65名の参加でした。  本大会では「自社で解決できない経営の外部要因の…

>続きを読む

 新卒者の採用活動が本格的にスタートする時期を控え、求人社員教育員会は今年も学校との共育懇談会を開催しました。企業の人材不足や採用難が社会問題として注目される中、求人社員教育委員会は、共同求人活動が単に人を採る活動ではな…

>続きを読む

■「零(ゼロ)」に込めた思い  建築工房零はその社名の通り建築業を営んでいます。私が28歳の時に創業し、今年で14年目を迎えます。  社名に込めた思いは、世の中全体が「モノがたくさんあれば幸せだ」という価値観の中で、「本…

>続きを読む

  ■人と利益の両輪  我が社は福岡でコールセンター事業をしています。中でも健康食品に特化しています。  創業時、同友会のことを知り入会しました。すぐに経営指針を作ります。しかし会社は良くならない。そこで、全国行事に参加…

>続きを読む
トップヘ