同友ひろしま/2017年/1月/News

2017共同求人・社員教育交流会(in島根) 地域で若者を育て、地域に若者を残す ~持続可能な地域と企業のために~  


2017共同求人・社員教育交流会が島根にて開催されました。(12月7日・8日、参加者257名)
 
●地域一丸にするのが同友会
 全国的に中小企業において採用難・人材不足が大きな課題となっています。今回の交流会では、地域で育った若者を地域で採用し育てるには何が大切なのかを確認する事が大きな狙いになっていました。
 1日目は「地域づくりと人材育成」というテーマでパネルディスカッション。宮城・岡山の同友会より大学との連携を報告されました。
(中小企業家しんぶん12月25日号掲載)
 
●自分たちの地域は自分たちで守る
 2日目は「ないものはない~離島からの挑戦」をテーマに島根県海士町の山内町長による記念講演でした。
 海士町は島根県隠岐にある人口2400人の島です。
 平成の大合併の嵐の中、「自分たちの島は自分たちで守り、島の未来は自ら築く」と単独町政を決断。役場を住民総合㈱と位置づけ、「自立・挑戦・交流~人と自然が輝き続ける島に~」を経営指針に掲げられます。
 ①町三役・職員の給与カットで役場の『本気度』を地域に伝え、②「ないものはない」の精神で、島にある海・潮風・塩でブランドづくり、③首都圏をターゲットに外貨獲得戦略、④県立隠岐島前高校を拠点に人材育成と施策を推進されました。
 海士町の持続可能な地域に向けた取り組みは、まさに同友会の今後の取組みに非常に参考になるものでした。
 呉支部では、「地域で生まれた若者を地域で育て、地域に残そう」と呉市・学校・地域団体を巻き込んで『高校生と保護者のための就職ガイダンス』を五月に計画しています。
 これまで呉支部が積み重ねてきた高校との信頼関係が、この行事のキッカケとなりました。
 中小企業に関わる、地域の共通な課題解決に向けた継続的な取り組みが、今後の中小企業振興条例制定と実施に繋がっていく確信を深めた交流会となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2017年 1月 の記事一覧

 福山支部では11月30日、「福山市の経済と地域づくりを考える」シリーズ勉強会の第1回を開催しました。講師には福山市経済環境局長の市川紀幸氏にお願いし、福山市の状況や産業政策についてお話いただきました。  この勉強会は、…

>続きを読む

 ■板金屋からメーカーへ  私は3つの会社経営に関わっています。バスの車体を整備・製造する㈱ヴィ・クルー、バスを販売する㈱オートパル、デザイン・設計などバスをプロデュースする㈱CONNECTです。  かつては板金塗装やバ…

>続きを読む

  次年度の県同友会総会議案書作成にあたり、県理事会にて大林先生に講義をお願いしました。講義要旨の抜粋を掲載いたします。   ●中小企業経営の基本課題  本日は、「中小企業を取り巻く情勢と経営課題」と題し、広島同友会が実…

>続きを読む

 ■金融アセス運動とは  1986年から始まったバブル景気は、国の不動産取引規制と金融の引き締めにより1991年に崩壊します。金融機関は多額の不良債権を抱えることとなり、その処理のために金融検査マニュアルによる中小企業へ…

>続きを読む
トップヘ