同友ひろしまNews

立場を越えて楽しく交流! 恒例の合同忘年会(呉支部 経営労働・求人・社員教育委員会)

 去る12月2日(金)、炭焼鳥長にて、毎年恒例の「合同忘年会」が開催されました。参加者は、他団体から15名、同友会関係者が25名でした。
 この合同忘年会は、主に共同求人活動などを通してご縁ができた方々と、同友会の会員が交流を深めるために3委員会合同で毎年開催されています。海上自衛隊援護業務課、広島県立呉高等技術専門校、呉工業高校、呉工業高校定時制、呉港高校、公益財団法人くれ産業振興センター、広島国際大学、中国新聞社などから参加がありました。

 開会あいさつする角氏
 

 開会に先立ち、角氏(副支部長、㈱呉匠 社長)が求人難に負けない企業になろう。そのためには地域の皆さんとの連携が欠かせません、とあいさつ。その後、①2016年にできたこと、②2017年にしたいことのテーマで一言スピーチを行いました。会場は終始和やかな雰囲気でした。

 参加者一同、立場は違っても、呉という地域で活動していること、また、雇用と教育の問題を中心として、この地域を少しでもよくしていこうという思いが共通点であったと思います。今後もこのような関係を大切にしていきたいものです。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 福山支部では11月30日、「福山市の経済と地域づくりを考える」シリーズ勉強会の第1回を開催しました。講師には福山市経済環境局長の市川紀幸氏にお願いし、福山市の状況や産業政策についてお話いただきました。  この勉強会は、…

>続きを読む

■脱サラ開業  27年前、41歳のときに脱サラして眼鏡屋を創業しました。バブル崩壊直後で市場にはまだ影響がなく、銀行から自宅を担保に開業に必要な4,500万円のうち2,000万円を借りて何とか1店舗目を出店しました。  …

>続きを読む

 第2分科会は、ねらいは「経営者の自己変革」でした。堀内氏から「いつまでに、何をするか決めて会場を出よう」と呼びかけの後、始りました。   ●後継者の葛藤~参加して前向きに(小田原氏)【小田原工業㈱】  わが社は、197…

>続きを読む
トップヘ