活動レポートNews

「都の考える顧客満足とは ~『歓び』と『感動』を~」福山支部B地区例会

2016-10 Btikureikai (1)B地区の9月例会は、㈱都 代表取締役社長 嵜本 大 氏を報告者に迎え、タイトル「都の考える顧客満足とは」というテーマでお話を戴きました。サブタイトルにもあります㈱都のミッションである「~すべての人々に「歓び」と「感動」をあたえる~」という使命であり目的に向かって全社員一丸となって取り組んでおられます。

 嵜本さんの話の中で、このミッションを達成できることが出来ればビジョン(目標)である日本一のホスピタリティーを実践できているであろう。お客様がお食事を終えて帰られるまでの時間、夢の様な豊かな気持ちになっていただきたい、すべての時間に、「わくわく」や「驚き」、「拘り」、「楽しさ」をお客様に感じて頂くためにお客様に食事やホスピタリティーを通して、元気で幸せな気持ちになっていただきたい、こういった思いが高い顧客満足度に繋がっていると思います。

 さらに都では自分たちの強みを生かした地域貢献活動、NPO法人mamanohibiとの笑顔を届ける活動をされています。なにより都のすごい所は、従業員の方々が会社の取り組み、社長の思いを高いレベルで実践されているところだと思います。社員一人一人の目標設定が会社のミッション達成に貢献し、それが結果的に社員のやりがいになっていると感じました。

2016-10 Btikureikai (2) テーブル討論では顧客満足度とはそもそも何か、何が必要かという事をテーマで行いました。お客様の想定しているものより一歩進んだものを提供することが出来ればお客様は満足感を持てる。お客様に満足を与えることが社員の満足につながるということをどう社員教育の中でどう伝えていくかという事の難しさ。色々な意見が出ましたが顧客満足度を上げるためには社員一丸となって取り組まなければならないという意見が多かったと思います。

 この度の嵜本さんの素晴らしい発表を聞いて、なぜ⑭都の顧客満足が高いのか、時間を忘れて引き込まれている自分がいました。嵜本さん有難うございました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 長期的な視点で自社の経営をとらえることで、目の前の一歩を行き当たりばったりではない、より確かな一歩にするため、中島ビジョンアドバイザーより、自社の長期的課題についての考えをお話ししていただきました。  グループ討論では…

>続きを読む

 氏は工務店の一級建築士から独立起業し、今年1月に法人化しました。また、以前より住宅の「省エネ」に取り組んでおられます。今年の5月にドイツに視察に行き、勉強してこられた事を織り込んだ、「今から将来に向けての日本の住宅事情…

>続きを読む

 去る8月23日 ㈱EVENTOS 代表取締役川中英章氏をお呼びして、「想いを叶える企業づくり」〜10年ビジョンの作り方〜をテーマにご報告いただきました。  川中氏は1988年28歳で創業され、以来28年間イベントに関わ…

>続きを読む

 去る8月23日に佐伯区民文化センターで西青年部8月例会が行われました。今回の例会は41歳ビジョンの発表で報告者は(有)小橋商会 取締役小橋康治氏の発表でした。  報告のタイトルは「社長へのステップアップ」。小橋氏がこれ…

>続きを読む

 まず、会社概要、生い立ち、社歴、同友会歴、社員教育、RUN参加についての六項目について、きちんとレジメにまとめてありました。  また、平成7年度(1995年)から昨年度まで、会社の歴史を項目ごとに記載、一覧表にされ一目…

>続きを読む
トップヘ