活動レポートNews

『なぜ「2代目が会社をダメにして3代目が会社をつぶす」と言われるのか?』三原支部三原西地区準備会9月例会

2016-10 miharanisi (1)2016年9月、第3回三原支部西地区例会を本郷生涯学習センターにおいて開催しました。今回報告の㈱鈴木・鈴木健吾氏は、3月の自身のインフルエンザ感染による中止から予定以上のプレ報告をこなし、満を持しての登場です。『なぜ「2代目が会社をダメにして3代目が会社をつぶす」と言われるのか?』~良い会社にしたい気持ちは負けない~ というテーマで社外重役会議の形式で報告して頂きました。

 初代創業以来順調に業績を伸ばし、2代目であるお父様が好景気の波に乗り本郷町を代表する企業へと成長させて行き、その後数々のセミナーに参加し知識と実績を積んだ健吾氏が平成18年代表取締役に就任します。平成20年同友会に入会しますます飛躍していく矢先、会社始まって以来の大事件に直面します。そこから這い上がって行く過程で直面する様々な問題、社員との軋轢や同族経営の困難さに直面するも一歩一歩前を向いて進んでいく様を赤裸々に語って頂きました。いつも爽やかな笑顔を見せる鈴木氏からは想像できないような試練から這い上がって行く報告は、同じ中小企業経営者なら誰にでも起こりうる問題です。

2016-10 miharanisi (2) グループ討論ではいつもより少し時間を多めに取り、全体の参加者が16名と少人数であったこともあり各テーブルとも密度の濃い熱い討論が出来ました。その後のアンケートにも『質疑応答が沢山出来大変良かった』『距離感が近く中身の濃い話が出来た』等々、概ね皆さんから満足の評価を頂きました。そんな中、報告者の鈴木さんの質疑応答の最後に『社員との溝や同族経営者との軋轢は経営者の自分自身が変わらなければならないと改めて感じました』という自分自身の気付きを発表されました。

 報告者は問題を提起し、問題について参加者が真剣に討論・発表をする。そのことによって参加者のみならず報告者自身も気付き学びを深めより一層成長を遂げる、これが同友会の醍醐味なんだと痛感しとても有意義な時間だったように思いました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

  呉中央地区会及び懇親会が開催されました。総会には26名が参加され、皆様のご協力により、滞りなく議事を終える事が出来ました。阪井地区会長(㈱トゥモロー 社長)より、平成29年度の活動計画として「声が出る!声が聞ける!声…

>続きを読む

感想1)  新しい市場機会( パンの手土産) を生み出した話をお聞きし、商品についてのポジショニング、新規事業を生み出す考え方について非常に勉強になりました。また、商品の新たな売り方や売り先、新商品を投入する戦略・マーケ…

>続きを読む

  広東地区総会が無事終わりました。記念講演は、もみじ銀行取締役呉営業部長の天野成幸氏でした。   講演では、はじめに「金融機関から見る中小企業~けっこう本音トーク~」というタイトルに、我々がお取引様にそのように申し伝え…

>続きを読む

  4月、企業が新入社員を迎える季節です。同友会では毎年この時期、広島、福山、呉の三会場で新入社員研修を開催しています。   呉会場の参加者は、15社24名でした。期間中は、社会人として必要なこと、人間として必要なことを…

>続きを読む

  4月3日、合同入社式に続き、特別支援学校の卒業生を対象にした、新入社員研修1日コースを開催しました。カリキュラムでは、ホウレンソウの大切さ、給料の使い方などを学び、「私のがんばりたいこと」をテーマにグループ討論を行い…

>続きを読む
トップヘ