活動レポートNews

『なぜ「2代目が会社をダメにして3代目が会社をつぶす」と言われるのか?』三原支部三原西地区準備会9月例会

2016-10 miharanisi (1)2016年9月、第3回三原支部西地区例会を本郷生涯学習センターにおいて開催しました。今回報告の㈱鈴木・鈴木健吾氏は、3月の自身のインフルエンザ感染による中止から予定以上のプレ報告をこなし、満を持しての登場です。『なぜ「2代目が会社をダメにして3代目が会社をつぶす」と言われるのか?』~良い会社にしたい気持ちは負けない~ というテーマで社外重役会議の形式で報告して頂きました。

 初代創業以来順調に業績を伸ばし、2代目であるお父様が好景気の波に乗り本郷町を代表する企業へと成長させて行き、その後数々のセミナーに参加し知識と実績を積んだ健吾氏が平成18年代表取締役に就任します。平成20年同友会に入会しますます飛躍していく矢先、会社始まって以来の大事件に直面します。そこから這い上がって行く過程で直面する様々な問題、社員との軋轢や同族経営の困難さに直面するも一歩一歩前を向いて進んでいく様を赤裸々に語って頂きました。いつも爽やかな笑顔を見せる鈴木氏からは想像できないような試練から這い上がって行く報告は、同じ中小企業経営者なら誰にでも起こりうる問題です。

2016-10 miharanisi (2) グループ討論ではいつもより少し時間を多めに取り、全体の参加者が16名と少人数であったこともあり各テーブルとも密度の濃い熱い討論が出来ました。その後のアンケートにも『質疑応答が沢山出来大変良かった』『距離感が近く中身の濃い話が出来た』等々、概ね皆さんから満足の評価を頂きました。そんな中、報告者の鈴木さんの質疑応答の最後に『社員との溝や同族経営者との軋轢は経営者の自分自身が変わらなければならないと改めて感じました』という自分自身の気付きを発表されました。

 報告者は問題を提起し、問題について参加者が真剣に討論・発表をする。そのことによって参加者のみならず報告者自身も気付き学びを深めより一層成長を遂げる、これが同友会の醍醐味なんだと痛感しとても有意義な時間だったように思いました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 当社は福山市で金属製品の製造をしています。社員数35名の内、4名の障害者(肢体不自由・聴覚障害・広汎性発達障害2名)を雇用しています。  障害は主に、知的障害・身体障害・精神障害・発達障害の4つに分けられます。発達障害…

>続きを読む

■経営指針をつくった理由    同友会に入会する前、当時は絵に描いたようなワンマン社長でした。私に対して社員は何もものを言えないような環境です。考え方も、会社とは自分自身が私腹を肥やすための道具であり、社員は駒だと思って…

>続きを読む

■経営に必要な二つの視点  昨年は、英国では国民投票でEUからの全面離脱の決定、アメリカ大統領選挙では自国1番主義のトランプ氏が当選するなど、これまでの共通の理念=連帯・融合の考え方から、分断・排除の方向へ向かうことを予…

>続きを読む

 5月24日、広島安佐支部総会が開催されました。  そもそも理事会でのこと。「もっと地元行政の方々にも安佐支部が何を思って活動しているか知ってもらわんといけないんじゃないの?」と支部長が一言。  昨年度は広島市の後援を得…

>続きを読む

 5月13日、保護者の方を対象に「中小企業を語る」機会がありました。  昨年に続き2度目となった当日は、約70名を前に、同校の卒業生で呉支部会員の三名の経営者が熱く語りました。  まず、㈱呉匠の角氏(精密部品機械加工)が…

>続きを読む
トップヘ