活動レポートNews

「共育セミナー①相手に伝わるコミュニケーション」福山支部求人社員教育委員会

 福山支部求人社員教育委員会では、11月29日にリム福山にて、みんなで学ぼう!共育セミナー2016第1講「相手に伝わるコミュニケーションって何!?」と題しまして、伊藤実行委員長を中心に、各同友会会員の社長と社員さんに来ていただいて、コミュニケーションゲームを開催致しました。ゲームのなかでは、「送り手(伝達者)と受け手が伝える」をテーマに、壁一つ隔てて、片方は、正解の図形を伝えていく、一方はバラバラになった図形を組み合わせていくといった、はたから見てると「そんなに難しくないんじゃないかなぁ」と思えるゲームでした。しかしやってみると、これがなかなか伝達の難しさを痛感する、良くできたゲームでした。

Exif_JPEG_PICTURE

 終始伝える方も、受ける方も、伝え方・聞き方を考えている様子で、なかなか困っていて、よく会社で起こる、伝達ミスや伝達による言い合い等が、こんな感じで起こるんだなぁと、体感的に理解できて、とても有意義な共育セミナーになったと思います。
 グループ討論では、やはり「伝える側が細かく丁寧に教えることで、ミスの回数が減るのでは」、「教えた後に理解したかどうかを確認していくと、もめることも少なくなるのじゃないか」と、コミュニケーションがいかに大事かを、社員と共有できたセミナーでした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 梅雨明け発表のあった7月19日、中③④地区会の㈲カトー企画 代表取締役 加藤博生 氏を報告者に迎え、「コインビジネス、コインパークの次の戦略~経営理念にビジネスチャンスは必ずある〜」と題して体験報告をして頂きました。 …

>続きを読む

 アイテレコムサービス株式会社 代表取締役 増西伸治さんにご報告頂きました。  ビジネスフォンやインターネットの環境整備の工事を本業に、これまで一般企業を対象に営業してきましたが、介護保険制度をきっかけに営業先を介護業界…

>続きを読む

 地区会が勧める企業変革支援プログラムに沿った体験報告を会員に広く知ってもらうため石川地区会長の自社の改善事例(付加価値を高めるため、昔の職人気質だった生産体制からどのように組織的体制に試行錯誤しながら変わっていったのか…

>続きを読む

 佐伯地区会7月の報告者は 宮原産業㈱の宮原正典社長。現佐伯地区会地区会長として、2年目を迎えるにあたり、地区例会のあり方としてもっと報告者が気軽に悩みを相談できるような例会作りも目指したいと、自ら率先して、あえて、苦し…

>続きを読む

 去る7月14日(金)、㈱EVENTOS事務所にて、安佐支部青年部会7月例会が開催されました。「経営理念作成の大切さについて」というテーマで、㈱EVENTOS 代表取締役 川中英章氏(県求人社員教育委員長・広島中支部)に…

>続きを読む
トップヘ