活動レポートNews

「共育セミナー①相手に伝わるコミュニケーション」福山支部求人社員教育委員会

 福山支部求人社員教育委員会では、11月29日にリム福山にて、みんなで学ぼう!共育セミナー2016第1講「相手に伝わるコミュニケーションって何!?」と題しまして、伊藤実行委員長を中心に、各同友会会員の社長と社員さんに来ていただいて、コミュニケーションゲームを開催致しました。ゲームのなかでは、「送り手(伝達者)と受け手が伝える」をテーマに、壁一つ隔てて、片方は、正解の図形を伝えていく、一方はバラバラになった図形を組み合わせていくといった、はたから見てると「そんなに難しくないんじゃないかなぁ」と思えるゲームでした。しかしやってみると、これがなかなか伝達の難しさを痛感する、良くできたゲームでした。

Exif_JPEG_PICTURE

 終始伝える方も、受ける方も、伝え方・聞き方を考えている様子で、なかなか困っていて、よく会社で起こる、伝達ミスや伝達による言い合い等が、こんな感じで起こるんだなぁと、体感的に理解できて、とても有意義な共育セミナーになったと思います。
 グループ討論では、やはり「伝える側が細かく丁寧に教えることで、ミスの回数が減るのでは」、「教えた後に理解したかどうかを確認していくと、もめることも少なくなるのじゃないか」と、コミュニケーションがいかに大事かを、社員と共有できたセミナーでした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 西研㈱の製造係長である内藤毅氏にご報告頂きました。  3S活動とは「整理・整頓・清掃」の頭文字を取った言葉で、製造業の合言葉として日常的に行われています。  6年前に3S活動推進のメンバーに抜擢された内藤氏。はじめは毎…

>続きを読む

 去る9月20日、標記例会で、株式会社髙橋呉服店の髙橋信善さんに、経営体験報告を行っていただきました。  髙橋呉服店は、明治2年創業、現在の代表者(父)が5代目という歴史ある会社です。同社の沿革、戦時中の苦労話等を交え、…

>続きを読む

 9月の中①地区会の例会は、古川ガラス建材の古川さんに「個人経営者が経営計画を作成してどうなったか」というテーマで報告頂きました。  同友会で経営指針書を作成された時はA4用紙2枚からスタートされたそうです。奥さんと息子…

>続きを読む

【感想1】9月25日、西区商工センターにおいて第16回同友トピアが開催されました。8年振りということもあってか、100を超す会員企業さんに出展いただきました。  机と椅子しか用意されてないブースですが、のぼりを立てたり、…

>続きを読む

 会員候補18名、及び他支部・他地区・他ブロックの会員多数を含む、総勢81名の方にご参加いただき、とても活発で交流のある例会でした。  「家業の3代目になりたい」と思っていたのに意思を伝えるきっかけがないまま、家業の廃業…

>続きを読む
トップヘ