活動レポートNews

「中小企業振興基本条例について」尾道支部政策環境委員会

■講師:広島県中小企業家同友会 事務局長 竹河内博之氏

 中小企業振興基本条例の勉強会に参加しました。講師はいつも尾道でお世話になっている竹河内事務局長でした。

2017-01onomichiseisaku

 中小企業振興基本条例の内容はもちろんの事、こういった条例があったんだ・・・という全くの事前知識がない状態での参加でしたが、条例なので文章は多少固いところもありましたが、勉強会を通じてわかったことが3つあります。
 1
つ目は、この条例の結論は、「地域に良い会社が増えること自体が地域への貢献であり、良い会社でなければ、地域からあてにされない、だから良い会社になろう」ということです。そのために企業・地域・行政が連携をとり、お互いが協力できる仕組みを作ろう。ということを各条文に書いてあるということ。
 2
つ目は都道府県・市町村の各々で条例を制定するため、すべての県や市町村に条例があるわけではなく、都市よりも地方都市の方が、中小企業が多いため制定率が高いということです。
 3
つ目は、条例の内容は漠然とした内容で、具体的な事柄や数字がなく、これを施行したら自社がどうなるのかが明確ではない。のが現状であるということです。ただ近年できてきている条例のため、これからどんどん具体的なものになっていくのだろうと思いました。

最後に感想としては、「企業・地域・行政が連携していくことが良いという方向になってきているのを自覚しながら、自社を磨き続けるしかないんだ。」と考えられた良い勉強会でした。ありがとうございました。


広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 2月16日18:30 テーマ「金融機関から見た藤本社長の事業計画書」サブテーマ「欲しい機械を買う為、社長の決意」同友会事務局で開催しました。  中①地区会の参加者は、10名、金融機関3名(広島銀行2名、広島信用金庫1名…

>続きを読む

○かわの寝具店の強み  昭和50年に独立して今年で34年目。現在、女性スタッフ主体のお店で、女性スタッフ以外の男性は川野氏一人。9人のスタッフの内15年以上働いているベテランスタッフが半数以上の5人いることが会社で最大の…

>続きを読む

○現在までの経緯  藤原氏は㈱ディ・ディライトを設立する前は、ソフト開発会社の創業メンバーとして、役員と開発部長を兼任するかたちで活動をしていましたが、他の幹部と経営に対する考え方の違いから葛藤の日々を送っていたそうです…

>続きを読む
トップヘ