活動レポートNews

「本業を成長させよう~中小企業等経営強化法の活用を考える」福山支部政策環境委員会12月勉強会

2017-01fukuyamaseisaku (1)
■講師:中国経済産業局 産業部経営支援課 課長補佐 中村 崇氏

《本業を成長させよう》というテーマで、2016年度6月につくられた中小企業等経営強化法についての勉強会を行いました。政策環境委員会では、①「稼ぐ力」を強化しようとする経営強化法のめざす姿、②どんな施策が用意されているのか、③どのように活用していけばよいのか、など考えました。

 講師の中村氏が「認定企業は本日付ですでに500件を超えています」と言われていました。かなりのスピードで増えているみたいで少し驚きました。でもそれもそのはず、申請書がたった2枚でしかも事業別に分かれている担当窓口の方が親切に修正してくれるので比較的出しやすいみたいです。経営強化法の中の経営力向上計画の認定で主なメリットは、固定資産税の軽減措置(3年間半額)であるが、それ以上に今回、国が初めて事業分野別指針の概要を出しており、事業別の【現状認識・課題・目標】を分かりやすく指し示しているので、中小企業経営者はこれを読み勉強するだけでも良いのかなと思いました。指針は、どの業種も人材についての取り組み内容が多く書かれている印象でした。

2017-01fukuyamaseisaku (2)

 もうひとつ、特に製造業の方にメリットがあって、ものづくり補助金の加点部分にも影響があるみたいです。中村氏曰く、今後もいろんな場面でメリットが出てくるような感じらしいです。

 経営力向上計画とは、本業の生産性を上げることであります。まずは、本業をしっかり見つめなおし自社を強くするチャンスなので、利用できるモノは利用しチャレンジして損はないので、自分も是非チャレンジしてみようと思う例会でした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

 西研㈱の製造係長である内藤毅氏にご報告頂きました。  3S活動とは「整理・整頓・清掃」の頭文字を取った言葉で、製造業の合言葉として日常的に行われています。  6年前に3S活動推進のメンバーに抜擢された内藤氏。はじめは毎…

>続きを読む

 去る9月20日、標記例会で、株式会社髙橋呉服店の髙橋信善さんに、経営体験報告を行っていただきました。  髙橋呉服店は、明治2年創業、現在の代表者(父)が5代目という歴史ある会社です。同社の沿革、戦時中の苦労話等を交え、…

>続きを読む

 9月の中①地区会の例会は、古川ガラス建材の古川さんに「個人経営者が経営計画を作成してどうなったか」というテーマで報告頂きました。  同友会で経営指針書を作成された時はA4用紙2枚からスタートされたそうです。奥さんと息子…

>続きを読む

【感想1】9月25日、西区商工センターにおいて第16回同友トピアが開催されました。8年振りということもあってか、100を超す会員企業さんに出展いただきました。  机と椅子しか用意されてないブースですが、のぼりを立てたり、…

>続きを読む

 会員候補18名、及び他支部・他地区・他ブロックの会員多数を含む、総勢81名の方にご参加いただき、とても活発で交流のある例会でした。  「家業の3代目になりたい」と思っていたのに意思を伝えるきっかけがないまま、家業の廃業…

>続きを読む
トップヘ