活動レポート/2017年/6月/News

「銀行から融資を受けるために守るべき鉄則」福山支部F地区会

 今回のF地区例会は、~金融機関が融資したい企業とは~と題して、しまなみ信用金庫曙支店の藤原支店長をお招きし、パネルディスカッション形式で、守るべき鉄則のいくつかを学びました。
 コーディネーターには㈲メタルワーク福山の大植氏、パネラーには、藤原支店長の他に㈱アシスターの松井氏、㈱セイショウカンパニーの河合氏、マルタヤ電機㈱の丸田谷氏に壇上にたってもらい、各社の現状と事業展開などを語って頂きました。
 各社とも将来の事業展望を描いており、新たな分野に飛び込むためへの投資を予定されているようでした。投資は設備だけでなく、人への投資も含まれており、これは自社にとっても同様に感じました。
 藤原支店長のお話では、3年前より、金融庁の方針が180度方向転換し、企業格付けの他に事業性評価、本業支援を行うことが金融機関に求められているそうです。事業性評価とは、今後どのように発展していくのかを見ることで、いわゆる会社のビジョン(経営理念、経営方針、経営計画)をきちんと考えているかを問われるわけです。まさに同友会が目指すべき企業の姿がそこにあります。
 現状維持で良いと考える経営者は、投資をするつもりなどないでしょう。しかし、我々は「人を活かす経営」にあるように「経営を維持し発展させる責任」があります。発展するためにはいつかは大きな投資が必要な時もあり、その際には金融機関と良い関係性を作っていくことも必要なのだと感じました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2017年 6月 の記事一覧

 当社は福山市で金属製品の製造をしています。社員数35名の内、4名の障害者(肢体不自由・聴覚障害・広汎性発達障害2名)を雇用しています。  障害は主に、知的障害・身体障害・精神障害・発達障害の4つに分けられます。発達障害…

>続きを読む

■経営指針をつくった理由    同友会に入会する前、当時は絵に描いたようなワンマン社長でした。私に対して社員は何もものを言えないような環境です。考え方も、会社とは自分自身が私腹を肥やすための道具であり、社員は駒だと思って…

>続きを読む

■経営に必要な二つの視点  昨年は、英国では国民投票でEUからの全面離脱の決定、アメリカ大統領選挙では自国1番主義のトランプ氏が当選するなど、これまでの共通の理念=連帯・融合の考え方から、分断・排除の方向へ向かうことを予…

>続きを読む

 5月13日、保護者の方を対象に「中小企業を語る」機会がありました。  昨年に続き2度目となった当日は、約70名を前に、同校の卒業生で呉支部会員の三名の経営者が熱く語りました。  まず、㈱呉匠の角氏(精密部品機械加工)が…

>続きを読む

 10月19日・20日、福山市で開催される第19回障害者問題全国交流会in広島(福山)の準備が進んでいます。他県の同友会へのPRとして、5月27日には岡山同友会総会でPR活動を行いました。  また、県内各地で障害者問題を…

>続きを読む
トップヘ