活動レポートNews

「銀行から融資を受けるために守るべき鉄則」福山支部F地区会

 今回のF地区例会は、~金融機関が融資したい企業とは~と題して、しまなみ信用金庫曙支店の藤原支店長をお招きし、パネルディスカッション形式で、守るべき鉄則のいくつかを学びました。
 コーディネーターには㈲メタルワーク福山の大植氏、パネラーには、藤原支店長の他に㈱アシスターの松井氏、㈱セイショウカンパニーの河合氏、マルタヤ電機㈱の丸田谷氏に壇上にたってもらい、各社の現状と事業展開などを語って頂きました。
 各社とも将来の事業展望を描いており、新たな分野に飛び込むためへの投資を予定されているようでした。投資は設備だけでなく、人への投資も含まれており、これは自社にとっても同様に感じました。
 藤原支店長のお話では、3年前より、金融庁の方針が180度方向転換し、企業格付けの他に事業性評価、本業支援を行うことが金融機関に求められているそうです。事業性評価とは、今後どのように発展していくのかを見ることで、いわゆる会社のビジョン(経営理念、経営方針、経営計画)をきちんと考えているかを問われるわけです。まさに同友会が目指すべき企業の姿がそこにあります。
 現状維持で良いと考える経営者は、投資をするつもりなどないでしょう。しかし、我々は「人を活かす経営」にあるように「経営を維持し発展させる責任」があります。発展するためにはいつかは大きな投資が必要な時もあり、その際には金融機関と良い関係性を作っていくことも必要なのだと感じました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

報告者:大阪同友会  川田 昭宏 氏 (川田紙工㈱ 代表取締役) ●会社概要  川田紙工㈱は昭和23年2月に祖父が創業し、祖父が35年、父が30年、私が6年代表を務める創業71年の会社です。私は3代目社長になります。平成…

>続きを読む

報告者:㈱賀陽技研 代表取締役社長  平松 稔 氏(岡山)  岡山同友会 吉備高原支部から参りました、㈱賀陽技研 平松と申します。わが社は、うすい金属の板をプレス機を使って切ったり曲げたりする金属加工業です。プレス機に必…

>続きを読む

●恒例の高校の先生方との懇談会  この行事は5月と10月の年2回開催されています。  呉支部では、共同求人活動の一環として、約30年にわたり続けてきました。  東広島支部では、呉の懇談会への参加がきっかけで2015年から…

>続きを読む

 去る9月26日、5回目となるBingo Job Labを福山大学で開催しました。これは学生に職業観・仕事観を養ってもらう事、地元中小企業の魅力を伝えることを目的にしたもので、福山大学主催で同友会福山支部が協力する形で行…

>続きを読む

訪問先:平林金属㈱(岡山市)   去る9月27日に開催され、呉支部の会員19名が参加しました。  見学先である平林金属㈱さんは昭和31年の創業です。同社の強みは、徹底した再資源化システムで、世界に誇る高品質のリサイクル原…

>続きを読む
トップヘ