活動レポートNews

「経営者の危機感がピンチをチャンスに変える~“経営指針”と“5S”を徹底深化~広島安佐支部オープン例会

 平成29年9月6日、安佐支部オープン例会が合人社ウェンディひと・まちプラザにて行われました。
 住岡氏は平成5 年に寿木工に後継者として入社。その後、昼夜を問わず働き、仕事も増え利益もでるようになりました。そこから住岡氏の本当の奮闘が始まります。同友会との関わりを通じて、5Sに取り組み、経営指針も作成。さあこれからという時にリーマンショック。さらなるピンチの中で、同友会の先輩に言われた言葉が「寿木工は誰の会社だ?」。そこから皆で考えると、徐々に社員も目の色が変わったそうです。現在では全社一丸経営で、5Sも深化されています。今回は多くの失敗と挑戦の中からできあがった寿木工の組織、体制づくりについての報告から、“徹底して進める経営とは”の学びを深めていきました。
 当日のアンケートから、参加者の「声」をご紹介致します。
・クレームは即対応!出向いてフェイス&フェイスで対応で解決。周りの同調者の理解も得られれば、よりス ムーズに解決できる。非常に活発で、特に金融関係者の実体験談も大いに参考になった。
・小さくてもできる事から取り組む。やり続ける。数値化・見える化。この二点は特に心に残りました。
・5Sの考え方や原因の追求より要因を潰していくということは納得です。自社に戻って、ミスに対しての原 因を追求するよりも、ミスをしないように要因を潰していこうと思います。
・凡事徹底、原因追求より要因つぶし。自分たちの仕事は発明することでなく、一度付き合ってもらったお客 さんをまた次もその次も利用してもらわないと続けていけません。続けていくためには、凡事徹底、とこと んやることが大切だと改めて思いました。
・経営指針の作成と実践、社員と一緒に経営計画を毎年立てられるようにする。
・最後の、「経営者が違う」という部分が考えさせられました。同じことをしても、会社が違うのだから、や り方も結果も違い、自社に合うものにすることが大切だと思いました。また、数値化など普通のことだと思 うが、なかなか続けていくことは難しいと思います。お手本としてしっかりと管理したいと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

■報告者:福山ステンレス鋳工㈱ 代表取締役 森川弘基 氏、造型班長 野田 晃 氏  「会社が好きって言うか、社長が好きなんよな」  B地区4月例会は~福山ステンレス鋳工㈱の共育セミナー!実践編!と題して、4月 20 日に…

>続きを読む

■講師:㈱都 代表取締役会長 嵜本 渉 氏  4月 19 日、A地区総会に参加さ せていただきました。  今回は総会、講演、懇親会を すべてステーキ懐石都春日さんをお借りして行いました。嵜本会長の「失敗から学んだ経営は発…

>続きを読む

■報告者 ㈱勝矢和裁 会長 勝矢 珠容子 氏(広島県中小企業家同友会 代表理事) 総会に引き続き、記念講演が行われました。お受け下さったのは広島県中小企業家同友会代表理事(株)勝矢和裁の勝矢会長です。「自社のために同友会…

>続きを読む

報告者:アールジェイ㈱ 代表取締役 川村 聡 氏 ■日本経済新聞の記事 現在70歳以上の中小企業経営者は245万人。そのうち約半数の127万社で後継者が未定。日本の企業数の99%を占める中小企業の多くが廃業の危機にさらさ…

>続きを読む
トップヘ