活動レポートNews

国内市場縮小の危機を乗り越えろ!~海外ビジネスへの可能性や課題と取組について~広島西支部佐伯地区会

 この度の報告者は、ラボテック(株)常務取締役 大野一之氏に、お話しをいただきました。ラボテック(株)は、環境分析を中心に、水質調査をはじめ、土壌・大気調査などの化学分析・計測を行う①「環境分析部門」分析事業センターと、分析装置を自社製造する②「分析装置開発部門」LAセンターの2つの部門に分かれ、分析から装置開発まで幅広く事業をされておられます。特に、環境調査と分析装置の開発製造までを行う同業社は少なく、化学分析・計測・分析装置開発を通じて、他社との差別化の点では、自社の強みである。
 2008年頃に、国内市場の閉塞感から、中国への進出を検討しはじめた。その頃には、海外ビジネスへの期待を含めて、展示会などの視察をしたり、中国人社員を正社員で雇用するなど、情報収集に努めた2011年に、広島県と協力して、以前より広島県が姉妹交流都市として交流している中国の「四川省」の商談会に参加。商談先との交渉経て、翌年には、代理店契約を調印した。当時は、テレビ局や新聞も大きく報道された。
 しかし、順風に思えたこのビジネスが、その後間もなく、尖閣諸島問題が表面化して、状況が一変。日本製の不買運動の影響をもろに受け、販路拡大は思うようには進まなかったとのこと。現在では、海外進出と並行して、国内の足元をしっかりと見つめ直され、今一度国内市場の掘り起こしで、国内市場縮小の危機を乗り越えようと、頑張っておられます。
 最後に、大野氏は「強いものが生き残るものではない。変化に適応した者が生き残る」とのダーウィンの言葉をお話しされ、我々中小企業経営者も、変化に柔軟に対応していく重要性をお話しされました。
 その後の、グループ討論では、4人一組となり、「今後の国内市場縮小を見据えた自社の取り組むべき『課題』とは?」と題し、討論を実施しました。討論時間を50分設けることができて、各グループもかなり盛り上がりました。反省点はやはり多くありましたが、しっかり食べて飲んで、また1年頑張る鋭気を養いました。
 来年は今年参加できなかった方も、是非参加して頂き、盛大にもりあがりましょう。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

●豪雨の当日  呉支部では7月6日(金)は支部理事の皆さんが中同協全国総会(in宮城)に参加されていました。全国総会を途中退席されその日のうちに呉市まで戻った方、大阪や京都で一泊された方。翌日の交通の便に切り替えられた方…

>続きを読む

企業は違えど、同期の仲間 「共に育つ関係」が、これからも続くことを  梅雨が明け、本格的な夏が始まろうとする七月、今年も広島・福山の2会場で新入社員フォロー研修が開催されました。広島会場:7月2日開催・28社88名、福山…

>続きを読む

講師:税理士法人 若宮&パートナーズ 代表社員  若宮 克彦 氏  7月26日、西支部オープン例会では、事業承継をテーマに今年度改正された税制改正についての講演が開催されました。 ■画期的な税制改正  これまでの税制では…

>続きを読む

「新卒採用に向けた求人勉強会」を6月から8月にかけ3回シリーズで広島・福山・呉の各支部で開催しました。  各支部で採用活動に必要な情報について足並みを揃えるため、県求人社員教育委員会がカリキュラムを統一化しました。  1…

>続きを読む

挑戦的なタイトルで告知した例会でした。 中小企業にとって、ここ数年の悩みは、社員の定着があります。また、社員と会社との労使トラブルもよく耳にします。そこで今回は「働き方改革」について労務的な改正点と実際に経験された実例。…

>続きを読む
トップヘ