活動レポート/2017年/3月/News

尾道市の5 年後、10 年後、20 年後を考える 尾道支部政策環境委員会

【報告骨子】「現在私たちが暮らし、商売を営んでいる尾道のまちは、どの様なまちなのか?」「どんな歴史を辿ってきたのか?」「主な産業は?」「人口はどれくらいなのか?」そして現在尾道のまちが抱えている様々な問題、予想される将来の姿等、当委員会でまとめ、検証した資料を基に私が報告をさせて頂きました。
 その後「自社と地域との関わりあいにおいて、何か困っていることありますか?」「市への要望はありますか?」というお題でメンバー間で意見交換を行いました。
 最後に中小企業振興基本条例に触れ、地域活性化の為には条例の制定が不可欠であることを説明し、改めて条例制定に向け尾道支部でも勉強を続けていきましょうと呼びかけを致しました。

【感想】正直、眠くなったらどうしよう…昨日あまり寝てないし…とか思っていたのですがポンポンポンとわかりやすく説明して頂いてあっという間の90 分でした!尾道、ずっと普通に暮らしている生活の町。好きだしある程度わかる!って思ってたけど全然知らなかった!
・聖徳太子により浄土寺創建、弘法大師により千光寺創建。へぇ~
・天満屋が向島に塩田を作って栄えたんだ!
・北前船が北海道から海産物を運び、それで今でも海産物問屋が多いのか。
・商店街にある三井住友銀行は住友銀行の支店第一号!すごっ!
・尾道商工会議所は全国で18 番目に設立!
・尾道市立図書館は広島県で初の私立図書館。などなど。
 ちょっと聞いた事あるような話、初めて聞いてビックリするような話。本当に歴史あるまちなんだなぁとしみじみ思ったのと昔は活気にあふれてたのかなぁと思い、これは感心してる場合じゃない! 昔、「政治は広島、経済は尾道」と言われたくらい、いや、そこまでは出来ないだろうが尾道だからこそ出来る事、尾道らしい取組みなど、尾道に住んでいる私達が今ここまでに作り上げて下さっている昔の人達、またこの町に感謝しながら努力して行かなくてはいけないんだなとあらためて思いました。
 また、神原支部長が話されてた、5 年先、10 年先もっと先を見据えてつくられた駅前開発の話には尾道の先を考え実行した方達の努力と決断があったからこそ今があるんだなと感動しました。
 徳永さん、たくさんの内容を歴史・現状・これからとわかりやすくまとめてお話し下さり有難うございました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2017年 3月 の記事一覧

 2月16日18:30 テーマ「金融機関から見た藤本社長の事業計画書」サブテーマ「欲しい機械を買う為、社長の決意」同友会事務局で開催しました。  中①地区会の参加者は、10名、金融機関3名(広島銀行2名、広島信用金庫1名…

>続きを読む

○かわの寝具店の強み  昭和50年に独立して今年で34年目。現在、女性スタッフ主体のお店で、女性スタッフ以外の男性は川野氏一人。9人のスタッフの内15年以上働いているベテランスタッフが半数以上の5人いることが会社で最大の…

>続きを読む

○現在までの経緯  藤原氏は㈱ディ・ディライトを設立する前は、ソフト開発会社の創業メンバーとして、役員と開発部長を兼任するかたちで活動をしていましたが、他の幹部と経営に対する考え方の違いから葛藤の日々を送っていたそうです…

>続きを読む

 2月の西地区会例会は、「経営者には、どのような内面が必要ですか?」という討論テーマで、孝野氏の報告をもとに、経営者の「内面」と「経営姿勢」の大切さについて話し合いました。孝野氏は弟子入りしてから親方の夜逃げ、次の就職先…

>続きを読む
トップヘ