活動レポート/2017年/3月/News

呉工業高等学校 若手教員のインターンシップ 若手教員が会員企業で専門分野の経験を積む 呉支部求人・社員教育委員会

 今年で2回目となる呉工業高校若手教員のインターンシップが実施されました。研修の目的は、2次元から3次元への変換の考え方、授業で活用できる教材作成などとし、木場先生が研修に臨みました。今年は、㈲日本プラント設計(社長 高下朋彦氏。機械設計、各種プラント設計、3次元設計)が受入企業でした。研修の感想を木場先生に伺いました。「CADの基本を学ぶことができました。私は情報系学部を卒業しましたが、高校では機械科を担当しています。CADを専門的に学んだことはなく、授業を受け持った当初は苦労しました。教員の世界も団塊の世代の退職が控えています。若手の教員が技術や授業を引き継いでいかなければなりません。今回の研修を通して、製図を立体で見れるようになりました。授業の進め方をより良くできそうです。いずれ担任を持ちますが、生徒全員を卒業させることのできる教員になりたいと思っています。地元で就職したい生徒は多いので、私たちがどれだけ地元企業のことを知っているかが大事だと思いました。㈲日本プラント設計の皆様、ありがとうございました」。こういった機会が増えていけばと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2017年 3月 の記事一覧

 2月16日18:30 テーマ「金融機関から見た藤本社長の事業計画書」サブテーマ「欲しい機械を買う為、社長の決意」同友会事務局で開催しました。  中①地区会の参加者は、10名、金融機関3名(広島銀行2名、広島信用金庫1名…

>続きを読む

○かわの寝具店の強み  昭和50年に独立して今年で34年目。現在、女性スタッフ主体のお店で、女性スタッフ以外の男性は川野氏一人。9人のスタッフの内15年以上働いているベテランスタッフが半数以上の5人いることが会社で最大の…

>続きを読む

○現在までの経緯  藤原氏は㈱ディ・ディライトを設立する前は、ソフト開発会社の創業メンバーとして、役員と開発部長を兼任するかたちで活動をしていましたが、他の幹部と経営に対する考え方の違いから葛藤の日々を送っていたそうです…

>続きを読む

 2月の西地区会例会は、「経営者には、どのような内面が必要ですか?」という討論テーマで、孝野氏の報告をもとに、経営者の「内面」と「経営姿勢」の大切さについて話し合いました。孝野氏は弟子入りしてから親方の夜逃げ、次の就職先…

>続きを読む
トップヘ