同友ひろしま/2020年/5月/News

更新日2020.06.19

ちょっとした話(3)地域に根を張るための「新社棟」

 各種工業用模型・検査治具製作、自動車開発用模型製作の㈱アイ・エム・シー ユナイテッド(代表取締役 今津正彦氏・広島安佐支部)では、この春、新社屋を移転オープンしました。一階は開発室、二階は事務所、三階は食堂兼研修室。同社は安佐町飯室にありますが、非常時には地域の避難所として開放されることになっています。

 「わが社のスタートは飯室。十年ビジョンを描いた時、この地でやっていくという覚悟を決めてから、いろいろなことが私の中でリンクしていきました」という今津氏。「地域の雇用を担う。社員の働く環境を快適にする。社員に安心感を与える。地域の活性化の一翼を担う。地域の防災拠点となる。必要とされる企業になる」。地域に根を張ることで見えてきた自社の存在意義。コロナ禍の世界経済の中でも「企業の使命は存続し続けること」というお話が印象的でした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2020年 5月 の記事一覧

●臨時正副支部長会議で方向性を確認  呉支部では、新型コロナウイルスの影響を受け、地区例会をはじめ総会議案研修会、新入社員研修・合同企業説明会・高校生と保護者のための企業ガイダンス等の行事中止を余儀なくされています。  …

>続きを読む

旭調温工業㈱ 代表取締役  粟屋 充博 氏(広島中支部)  コロナウイルスの感染症対策で、多くの会員企業が大きな影響を受けています。それを突破するアイディアはないのか…。そこで過去にあったバブル崩壊やリーマンショックなど…

>続きを読む

 県政策委員会(宮﨑基委員長)は、4月21日~30日、新型コロナウイルスの影響(以下、新型コロナ問題)に関する第2回の緊急アンケートを行い、649名の会員から回答がありました。前回の調査から2か月、売り上げが減少している…

>続きを読む

 近年、予想を超えた災害により、社屋の浸水や事業中断など甚大な被害が出ています。そこで注目されているのが「BCP(事業継続計画)」です。  BCPとは、緊急事態において、企業が製品・サービスの供給責任を果たすための計画で…

>続きを読む
トップヘ