同友ひろしまNews

更新日2018.05.31

ちょっとした話(1)父の語った同友会 成長を求め自ら飛び込む

熊野量規法律事務所  金井 啓佑 氏(広島中支部)

 昨年の一二月に入会された弁護士の金井さん。同友会へ入会したきっかけは、同じく同友会の会員だった父親の言葉でした。
 生まれは長崎県で、大学進学までは地元で過ごしていました。父親は建設業の社長として会社を経営しており、「自分は同友会で勉強させてもらった」とよく口にしていました。曰く、どうやって会社を経営していけばいいのか。そして経営者である前に、一人の人間として自分がどうあるべきかを勉強させてもらった。
 弁護士として広島で働き始めた金井さんは、「弁護士の一本道を歩んできた自分には、普通に働いている人よりも社会経験が乏しい」と感じていました。そんなときに父の話を思い出します。同友会ならば、色々な経営者と関わっていく中で、自己の成長につながるのではないか。そんな期待を胸に入会しました。
 父親が悪戦苦闘しながらも学びを実践している姿を見てきました。「自分もこれからどう働いていくかビジョンを作っていきたいです。若輩者ではありますが、お客様に喜んでもらえるような、感動してもらえるような仕事をしていきたいです」とお話しいただきました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 商品のパッケージデザインや販促用のデザインツールなどを手掛ける、オキデザインの沖氏。八天堂のロゴマークは代表作の一つです。  沖氏は昨年の第四期経営指針塾に参加。「経営基礎講座を受けて、本気で経営に取り組まないと将来が…

>続きを読む

「ハチロク」(三次市)  三次もののけミュージアムそばにあるこの蒸気機関車は、1921(大正10)年製造。引退する1971年まで芸備線や福塩線で活躍しました。某人気アニメ映画に登場するSLのモデルではないかといわれた型式…

>続きを読む

 県政策委員会(宮崎基委員長)は、7月1日から20日にかけて、今年度第1回のアンケート調査を実施、過去最高の972名の皆さんから回答がありました。長期化するコロナ禍と原材料高騰の中で、環境変化に対応し挑戦する皆さんの様子…

>続きを読む

■条例は自治体の理念    松山市では平成二六年四月一日に松山市中小企業振興基本条例が施行され、円卓会議と専門部会での議論が始まりました。条例文には、他の経済団体と並んで中小企業家同友会の名前があります。条例制定に関わっ…

>続きを読む
トップヘ