同友ひろしまNews

お互いを知る第一歩 ~高校の先生方のバスツアー&懇談会(福山支部求人社員教育委員会)

 5月23日、福山支部で高校の先生方を対象にしたバスツアーを初めて開催し、福山工業高校・福山商業高校から14名の先生が参加しました。今回訪問したのは、日鐵鋼業㈱、㈱カワムラ機工、㈲広島金具製作所の3社。ツアー終了後は事務局に会場を移し、人を育てることをテーマにグループ討論を行いました。
 この企画のねらいは、高校求人の可能性を広げること、先生に中小企業の実態を知ってもらうこと、学校と企業が共に地域の人育てに取り組んでいくことの三つです。
 先生からは、「今後の指導の参考になった」「高校求人難の実情を知ることができてよかった」「社員一人ひとりがイキイキと働かれていたのが印象的であった」「教育というキーワードは、企業でも学校でも共有していかなければならないことだと感じます」等の感想が寄せられました。
 中小企業にとって人材の確保は大きな課題となっています。昨年、県政策委員会が行ったアンケートでは、回答企業(572名)の47%が「従業員の不足」を経営課題に挙げました。求人社員教育委員会では、単に採用するだけではなく、採用した社員が育ち、定着する企業になることが大切だと考えています。
 今回の企画をきっかけに、企業と学校がお互いの理解を深め、連携の第一歩となることが期待されます。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

●豪雨の当日  呉支部では7月6日(金)は支部理事の皆さんが中同協全国総会(in宮城)に参加されていました。全国総会を途中退席されその日のうちに呉市まで戻った方、大阪や京都で一泊された方。翌日の交通の便に切り替えられた方…

>続きを読む

企業は違えど、同期の仲間 「共に育つ関係」が、これからも続くことを  梅雨が明け、本格的な夏が始まろうとする七月、今年も広島・福山の2会場で新入社員フォロー研修が開催されました。広島会場:7月2日開催・28社88名、福山…

>続きを読む

講師:税理士法人 若宮&パートナーズ 代表社員  若宮 克彦 氏  7月26日、西支部オープン例会では、事業承継をテーマに今年度改正された税制改正についての講演が開催されました。 ■画期的な税制改正  これまでの税制では…

>続きを読む

 今年の県環境経営委員会の方針の柱は、実践事例に学ぶこと。今回は「全国総会の後はエネシフツアー」を合言葉に、7月の全国総会後、福島同友会の会員企業2社を訪問しました。  訪問先は、DOYU―ECOの大賞を受賞したこともあ…

>続きを読む
トップヘ