同友ひろしまNews

お互いを知る第一歩 ~高校の先生方のバスツアー&懇談会(福山支部求人社員教育委員会)

 5月23日、福山支部で高校の先生方を対象にしたバスツアーを初めて開催し、福山工業高校・福山商業高校から14名の先生が参加しました。今回訪問したのは、日鐵鋼業㈱、㈱カワムラ機工、㈲広島金具製作所の3社。ツアー終了後は事務局に会場を移し、人を育てることをテーマにグループ討論を行いました。
 この企画のねらいは、高校求人の可能性を広げること、先生に中小企業の実態を知ってもらうこと、学校と企業が共に地域の人育てに取り組んでいくことの三つです。
 先生からは、「今後の指導の参考になった」「高校求人難の実情を知ることができてよかった」「社員一人ひとりがイキイキと働かれていたのが印象的であった」「教育というキーワードは、企業でも学校でも共有していかなければならないことだと感じます」等の感想が寄せられました。
 中小企業にとって人材の確保は大きな課題となっています。昨年、県政策委員会が行ったアンケートでは、回答企業(572名)の47%が「従業員の不足」を経営課題に挙げました。求人社員教育委員会では、単に採用するだけではなく、採用した社員が育ち、定着する企業になることが大切だと考えています。
 今回の企画をきっかけに、企業と学校がお互いの理解を深め、連携の第一歩となることが期待されます。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

広島4支部求人社員教育委員会 ~会員企業50社で生徒75名を受け入れ~  今年度で県立広島商業高校(広商)の2年生のインターンシップは15年目を迎えます。広商のインターンシップは、校長先生を始め先生方が、生徒の中小企業で…

>続きを読む

  来る2019年6月13日(木)、14日(金)にリーガロイヤルホテル広島をメイン会場に第22回女性経営者全国交流会(以下、女全交)が開催されます。  現在、県女性部連絡会では実行委員会を立ち上げ、来年に向けて着々と準備…

>続きを読む

報告者:㈱小林ゴールドエッグ 代表取締役  小林真作 氏(徳島同友会) ■小林ゴールドエッグの仕事  他社と差別化を図ってもすぐ真似される食品業界で、小林ゴールドエッグがどうやって差をつけていったかお話します。  小林ゴ…

>続きを読む

 去る9月13日・14日、第6回人を生かす経営全国交流会が宮崎にて開催されました(参加者550名)。  一日目は共同求人「新卒採用で会社が変わった」(秋田)・障害者問題「障害者問題について関心を深め、取り組みの輪を広げる…

>続きを読む
トップヘ