同友ひろしまNews

呉の中小企業を知ろう!「高校生と保護者のための就職ガイダンス」 ~初開催!約500名が来場(呉支部)

 去る5月19日(土)にオークアリーナのメインアリーナにて開催されました。当日は、会員と会員外企業合せて100社が、自社PRしました。
 本行事は、呉市が共催。呉市教育委員会、呉商工会議所、呉広域商工会が後援のもと、呉市内の各高校のご協力のおかげで、当日は約500名の来場がありました。

●約30年間の積み重ね

 呉支部は、1990年に求人委員会を起ち上げました。その後、呉工業高校の生徒を採用したいという思いから「高校の先生方の企業見学(5月)」と「高校の先生方と経営者との懇談会(5月と10月)」を共同求人活動の一環として、約30年にわたり続けてきました。
 今では呉市内の高校に認知された取り組みとなり「同友会の企業なら安心して生徒を送り出せる」という評価を頂くまでになりました。
 一方で、中小企業の知名度不足や、高校生の就職における決定権は保護者にあることなどは、ミスマッチの原因にもなっており、先生方と経営者との懇談会でも話題の一つになっていました。
 その中で、2017年10月に、呉支部の地域内連携推進委員会が呉港高校の体育館でビジネスマッチングを開催しました。実験的な試みでしたが、二九社が出展し、来場された同校の生徒さん、保護者、地域の方、先生方など141名に、中小企業の魅力を伝えました。アンケートには「若い人が将来呉市に残って働く契機となるため続けてほしい」とありました。

●地域で若者を育て、地域に若者を残す

 これまで積み重ねてきたことと、10年前から高校ガイダンスの取り組みを始めていた宮城同友会の事例を、高校の校長先生でつくる校長会に伝え、「中小企業を知っていただく機会をつくりたい」ことを相談しました。呉市と呉市教育委員会とも情報交換を行い、日程と会場が決まりました。
 ガイダンスの目的は次の通りです。
 「地域で若者を育て、地域に若者を残す」。①呉の中小企業を地域の高校生に知ってもらいたい、②保護者の方にも知ってもらいたい、③呉で暮らし、呉で働くきっかけにしていきたい。
 進学で呉市外に出た高校生が、四年後に就職のために呉に帰ってくるきっかけづくりの場にもしたい、ということでした。
 「高校生と保護者のための就職ガイダンス」はこれまでの地道な努力の結集と言えます。

●あっ!こんな会社があったんだ

 当日は、開会式では、相川呉支部長が「呉にはすごい企業がいっぱいあります」。続いて共催の呉市から新原呉市長が「呉市にとって意味のあるイベントです」と挨拶されました。
 来場された生徒さんから「業種を絞らず回ったが、興味が湧いた」。先生方から「生徒の目の色が変わった。就職活動の意識づけになった」。「あの企業で働きたいという生徒もいた」など感想が寄せられました。
 企業からは「会社を知ってもらう一環になればと思う」。「今日の出会いが何かの役に立つことができたとしたら嬉しい」と感想がありました。
 中小企業憲章には「中小企業は社会の主役」と記されています。学校教育では「中小企業の新しい変化」と題した項目を設けた高校生向けの教科書が出版されるなど、中小企業への社会的な期待が大きくなっています。
 本ガイダンスが地域の中で、自社の存在意義を見つめ直す場となり、他方では、学校教育の一環となるような取り組みになればと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

広島4支部求人社員教育委員会 ~会員企業50社で生徒75名を受け入れ~  今年度で県立広島商業高校(広商)の2年生のインターンシップは15年目を迎えます。広商のインターンシップは、校長先生を始め先生方が、生徒の中小企業で…

>続きを読む

  来る2019年6月13日(木)、14日(金)にリーガロイヤルホテル広島をメイン会場に第22回女性経営者全国交流会(以下、女全交)が開催されます。  現在、県女性部連絡会では実行委員会を立ち上げ、来年に向けて着々と準備…

>続きを読む

報告者:㈱小林ゴールドエッグ 代表取締役  小林真作 氏(徳島同友会) ■小林ゴールドエッグの仕事  他社と差別化を図ってもすぐ真似される食品業界で、小林ゴールドエッグがどうやって差をつけていったかお話します。  小林ゴ…

>続きを読む

 去る9月13日・14日、第6回人を生かす経営全国交流会が宮崎にて開催されました(参加者550名)。  一日目は共同求人「新卒採用で会社が変わった」(秋田)・障害者問題「障害者問題について関心を深め、取り組みの輪を広げる…

>続きを読む
トップヘ