同友ひろしま/2018年/8月/News

福島同友会の会員に環境経営を学ぶ企業訪問 (県環境経営委員会)

 今年の県環境経営委員会の方針の柱は、実践事例に学ぶこと。今回は「全国総会の後はエネシフツアー」を合言葉に、7月の全国総会後、福島同友会の会員企業2社を訪問しました。
 訪問先は、DOYU―ECOの大賞を受賞したこともあるホテル光雲閣さん、国分農場さん。
 光雲閣では、川水を利用しての冷房や温泉排水を熱交換機やヒートポンプなどの設備を活用してさまざまな場所で利用、大型外壁窓にプラスチック・ポリカーボネートで作った二重窓を施行し建物の断熱効果をあげるなどの取り組みを行っています。
 国分農場では地域の食品残渣を回収して自社で発酵・加工。飼育している牛の飼料として活用しています。肥育方法を工夫することで、通常より半年早い出荷を可能にするとともに、「発酵牛」というブランド確立にも成功しています。また、牛の糞尿も自社で堆肥にして販売。両社とも経常利益率は一〇%を超えています。
 光雲閣の大内社長が、「環境経営と言っても、ボランティアではだめ。きちんと経営に寄与する形で考えることが大事で、そのためにも社員の協力は欠かせない」と語られていたのが印象的でした。学び深い訪問となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2018年 8月 の記事一覧

●豪雨の当日  呉支部では7月6日(金)は支部理事の皆さんが中同協全国総会(in宮城)に参加されていました。全国総会を途中退席されその日のうちに呉市まで戻った方、大阪や京都で一泊された方。翌日の交通の便に切り替えられた方…

>続きを読む

企業は違えど、同期の仲間 「共に育つ関係」が、これからも続くことを  梅雨が明け、本格的な夏が始まろうとする七月、今年も広島・福山の2会場で新入社員フォロー研修が開催されました。広島会場:7月2日開催・28社88名、福山…

>続きを読む

講師:税理士法人 若宮&パートナーズ 代表社員  若宮 克彦 氏  7月26日、西支部オープン例会では、事業承継をテーマに今年度改正された税制改正についての講演が開催されました。 ■画期的な税制改正  これまでの税制では…

>続きを読む

 今年の県環境経営委員会の方針の柱は、実践事例に学ぶこと。今回は「全国総会の後はエネシフツアー」を合言葉に、7月の全国総会後、福島同友会の会員企業2社を訪問しました。  訪問先は、DOYU―ECOの大賞を受賞したこともあ…

>続きを読む
トップヘ