同友ひろしま/2018年/9月/News

更新日2018.10.03

2700名会勢で“新たなステージ”へ~代表理事 粟屋 充博

 1973年(昭和48年)、70名の会員で広島同友会は設立されました。今年は設立45周年を迎えますが、バブル崩壊後の1993年以降8間の停滞期を除き、広島同友会は着実に会勢を伸ばし、今年度の期首会員数は2582名となっています。会の発展と共に、特に会員数が2000名を超えた頃から会の認知度が高まると共に地域(行政・他団体・金融機関・学校など)から寄せられる期待も大きくなってきたように思います。私は代表理事として会員の皆様に「同友会の会員で良かった。」「同友会の会員であることを誇りに思う。」と思って頂けるよう微力ながら会の発展の為に尽力したいと考えておりますが、そのためにも
●我々中小企業が人口減少の時代を迎える地域経済を支える主体者であること
●地域で同友会型の企業が増えること(仲間を増やすこと)は地域の活性化につながり、地域で生きる人々の生活を豊かにすること
●仲間が増えることが中小企業が担っている重要な役割をより正確に力強く地域に伝える大きな力になること  
この3点を会員の皆様と共有し必ず「来年度末会勢2700名」を達成したいと思います。
 私も含め県理事は全員今月末までに新会員一人を増強することを申し合わせています。
 各支部・地区会・青年部・女性部に於かれましても「広島同友会の新たなステージ」に向けて会員増強に対する力強いお力添えを頂きますようよろしくお願い申し上げます。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2018年 9月 の記事一覧

 政策委員会(宮﨑基委員長)は9月5日、15回目となる県商工労働局との懇談会を開催しました。最初に、同友会から粟屋充博代表理事、県から佐伯安史商工労働局長が開会挨拶、「広島県中小企業・小規模企業振興条例」(「条例」)の制…

>続きを読む

 政策委員会(宮崎基委員長)は、7月3日から3週間、今年度第1回のアンケート調査を実施しました。回答いただいた474名の皆さん、有難うございました。概要を紹介します。 (※DI=傾向をみるための数値。DIが100に近づく…

>続きを読む

 西日本豪雨被災後、すぐに懸念されたのが2次被害(間接被害)です。飲食店ではキャンセルが相次ぎ、物流の停滞、断水などで事業活動ができないとの声が多く寄せられました。そこで、中同協災害対策本部と連携し、被災のあった県で同様…

>続きを読む

 福山支部が取り組んで来た「特別支援学校の先生方の企業訪問バスツアー」は、福山北特別支援学校と8年間、沼隈特別支援学校と昨年から続いています。県内の特別支援学校からもこのバスツアーへの期待が高まり、今年は広島市、廿日市市…

>続きを読む
トップヘ