同友ひろしま/2018年/10月/News

「協同労働」を学ぶ

 県地域内連携推進委員会(山本浩矢委員長)は10月2日、ワーカーズコープ連合会(日本労働者協同組合)の中四国事業本部長の竹森鉄氏を招き、「『協同労働』を学ぶ~地域の困ったことを仕事に」のテーマでお話を聞きました。
 協同労働とは、「働く」・「経営」・「出資(資本)」を一体とする働き方で、現在法人格の法案が国会で審議されているそうです。
 広島県内では、清掃事業をはじめ林業の委託訓練、若者の就業支援、子育てや福祉の支援など、地域の困っている小さなことを仕事に、たくさんの事業を行っています。  こうした活動を広島市が注目、協同労働による地域での起業支援(補助額100万円以内)行っており、高齢者の方々によるカフェサロンや農作物の生産、地域の困りごと支援、お好み焼きの販売など一三の事業が始まっているそうです。
 出席の会員から、「定年退職した社員さんの地域での出番づくりに活用したい」という思いや「就業困難な若者の就職支援について、今後連携をしていきたい」などの声が寄せられました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2018年 10月 の記事一覧

広島4支部求人社員教育委員会 ~会員企業50社で生徒75名を受け入れ~  今年度で県立広島商業高校(広商)の2年生のインターンシップは15年目を迎えます。広商のインターンシップは、校長先生を始め先生方が、生徒の中小企業で…

>続きを読む

  来る2019年6月13日(木)、14日(金)にリーガロイヤルホテル広島をメイン会場に第22回女性経営者全国交流会(以下、女全交)が開催されます。  現在、県女性部連絡会では実行委員会を立ち上げ、来年に向けて着々と準備…

>続きを読む

報告者:㈱小林ゴールドエッグ 代表取締役  小林真作 氏(徳島同友会) ■小林ゴールドエッグの仕事  他社と差別化を図ってもすぐ真似される食品業界で、小林ゴールドエッグがどうやって差をつけていったかお話します。  小林ゴ…

>続きを読む

 去る9月13日・14日、第6回人を生かす経営全国交流会が宮崎にて開催されました(参加者550名)。  一日目は共同求人「新卒採用で会社が変わった」(秋田)・障害者問題「障害者問題について関心を深め、取り組みの輪を広げる…

>続きを読む
トップヘ