同友ひろしま/2018年/11月/News

「地域で育てた若者を地域に残そう」~呉支部と東広島支部が高校の先生方と経営者との懇談会を開催

●恒例の高校の先生方との懇談会

 この行事は5月と10月の年2回開催されています。
 呉支部では、共同求人活動の一環として、約30年にわたり続けてきました。
 東広島支部では、呉の懇談会への参加がきっかけで2015年から、支部行事として始まりました。

●地域で若者を育て、地域に若者を残す

 呉支部は、10月9日に開催しました。今年度から5月に「高校生と保護者のための就職ガイダンス」の取り組みが始まり、例年5月の先生方のバスツアーを10月の懇談会に合わせて行うことになりました。
 バスツアーは、22名の先生方が二コースに分かれ、15社を見学しました。卒業生との再会を喜ぶ場面がありました。
 続く懇談会では、先生方28名と経営者29名が学び合いました。今回は「採用と育成~災害に負けない企業づくり」のテーマで、㈱テイケン常務取締役の小尻大介氏とスタンド百合花代表の吉松里香氏が報告しました。
 グループ討論では「若者の人生をどう支援するか」について議論が交わされました。グループ討論発表では「学校と企業が力を合わせよう」とあり、来年度も予定されている「高校生と保護者のための就職ガイダンス(仮称)」に期待が寄せられました。

●地域からの期待が高まる東広島での懇談会

 東広島支部は、10月18日に開催しました。
 先生方の参加は徐々に増え、今回は18名になりました。経営者19名が温かく迎えました。
 問題提起は、㈱e-プランニング代表取締役の榎本知己氏が「人生はロールプレイング」のテーマで報告しました。ご自身の高校生時代から振り返り、良き上司との出会いが成長の糧になったこと、そして独立創業から現在のモチベーションの在りようについて報告しました。  グループ討論では「社員・生徒との関わり方」について意見が飛び交い、「人生の先輩として我々が成長していこう」と鎌田東広島求人社員教育委員長がまとめました。
 直近の支部理事会では「呉支部のように息の長い行事にしよう。我々の経営が良くなり、いつでも新卒を迎え入れられるような企業になろう」と話し合われていました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2018年 11月 の記事一覧

報告者:大阪同友会  川田 昭宏 氏 (川田紙工㈱ 代表取締役) ●会社概要  川田紙工㈱は昭和23年2月に祖父が創業し、祖父が35年、父が30年、私が6年代表を務める創業71年の会社です。私は3代目社長になります。平成…

>続きを読む

報告者:㈱賀陽技研 代表取締役社長  平松 稔 氏(岡山)  岡山同友会 吉備高原支部から参りました、㈱賀陽技研 平松と申します。わが社は、うすい金属の板をプレス機を使って切ったり曲げたりする金属加工業です。プレス機に必…

>続きを読む

●恒例の高校の先生方との懇談会  この行事は5月と10月の年2回開催されています。  呉支部では、共同求人活動の一環として、約30年にわたり続けてきました。  東広島支部では、呉の懇談会への参加がきっかけで2015年から…

>続きを読む

 去る9月26日、5回目となるBingo Job Labを福山大学で開催しました。これは学生に職業観・仕事観を養ってもらう事、地元中小企業の魅力を伝えることを目的にしたもので、福山大学主催で同友会福山支部が協力する形で行…

>続きを読む

訪問先:平林金属㈱(岡山市)   去る9月27日に開催され、呉支部の会員19名が参加しました。  見学先である平林金属㈱さんは昭和31年の創業です。同社の強みは、徹底した再資源化システムで、世界に誇る高品質のリサイクル原…

>続きを読む
トップヘ