同友ひろしま/2019年/1月/News

自社のために同友会を活用していますか? ~役員オリエンテーション、開催中!

 同友会の役員のお役目は、会運営の面もありますが、同友会を活用して自社を良くしていくことが大前提です。会活動と企業経営は不離一体であるとか、会員企業そのものが同友会の商品見本であると言われます。
 「役員オリエンテーション」は、同友会活動を通じてより良い経営者になり、より良い会社を作っていくための、同友会での学び方を学ぶ場であると言えます。
 一会員の立場でも、同友会の、他の団体にはない魅力を知ることができます。
 すでに終了した講座のようすをご紹介します。  

経営者になってよかった

   代表理事の立石さん(㈱タテイシ広美社 代表取締役会長)の報告では、同友会のことをよく理解しないままに役員になり、同友会活動と会社経営は一体でなければいけないことに気づき、経営者になってよかった、同友会に入ってよかったと思うに至る体験をお話しいただきました。
 参加者からは、「この会社に入って良かったと社員さんが言ってくれる会社になりたい」、「経営の匂いのする例会作りをしていきたい」、「元気な良い会社が地域で増える事が、自社の経営環境を良くすることにつながる」などの感想が寄せられました。  

同友会理念を経営に生かす

   代表理事の粟屋さん(旭調温工業㈱ 代表取締役)からは、同友会の理念(三つの目的・自主民主連帯・地域と共に)を自社でどう実践しているか、お話しいただきました。
 参加者からは、「同友会の理念について掘り下げて考えていなかったので、とても新鮮で興味深く聞いた」、「会社は社員の為にあると改めて感じた」、「常に謙虚であること」、「社員に愛情とエネルギーを注いでいるか反省させられた」、「人件費はコストではなく投資だ」などの感想が寄せられました。

 2月には、理事の村井さん(㈱キャピタルコーポレーション 代表取締役)、三月には、代表理事の勝矢さん(㈱勝矢和裁 会長)の講座があります。今からでもスポット参加ができます。興味のある方は事務局にお問い合わせください。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2019年 1月 の記事一覧

粟屋 充博 氏 (旭調温工業株式会社  代表取締役社長)  新年明けましておめでとうございます。  昨年は7月に豪雨災害があり、被災された会員の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  「新年の抱負を」とのことですので、自…

>続きを読む

 去る1月9日、福山支部の新春講演会&互礼会の中で、広島県中小企業家同友会と福山平成大学との連携協定の調印式を行いました。  これは、昨年4月の福山支部35周年行事の中で河村支部長が「今後の同友会運動を展望すると、地域の…

>続きを読む

講師:慶応義塾大学 経済学部 教授  植田 浩史 氏 ●将来を考え今を考える  10年ビジョンという言葉を最近よく耳にしますが、10年後の変化を当てることは難しいです。皆さんが使っているスマホは10年前には存在しませんで…

>続きを読む

【報告者】菅原汽船㈱ 代表取締役  菅原 博文 氏 (広北、経営労働委員) 菅原汽船 株式会社 ≪経営理念≫  三方よしの精神で、安全確実な海運業を創造し、全従業員の物心両面の幸せを追求すると共に豊かなグローバル社会の実…

>続きを読む

報告者:㈱菊貞 代表取締役  菊崎伊久江 氏 ■会社を継ぐのが嫌だった  菊貞は創業150年。1868年に菊崎啓次郎(6代前のご先祖様)が活牛馬問屋を始めたのがきっかけと聞いています。1975年に祖父菊崎貞が会社を設立。…

>続きを読む
トップヘ