同友ひろしま/2019年/1月/News

肝(ちむ)高く万国津梁(ばんこくしんりょう)を担う結人(ゆいんちゅ)たれ!

第46回青年経営者全国交流会in沖縄、広島から54名が参加

 11月29~30日、第46回青年経営者全国交流会が那覇市で開催されました。
 1日目は14の分科会が開催され、第1分科会「青年部活動と企業経営は不離一体!~学んで実践し会社を発展させるには」では、尾道支部の㈱村上製作所 村上令一氏がパネリストを務めました。無事、報告を終えた村上さんは「準備を通じて、パネラーとコーディネーターの5人が一生の友人となりました。めちゃくちゃ刺激をもらいました」という感想で、報告者を務めることで最大の学びを得られるということを実感されたようです。
 分科会終了後の懇親会では、玉城デニー・沖縄県知事と知念覚・那覇市副市長の来賓あいさつの後、糸数久美子・沖縄同友会相談役の乾杯でスタートしました。

 懇親会後半の全国行事のPRでは、全研in長崎に続き、第22回女性経営者全国交流会in広島のPRを村井実行委員長以下、広島からの参加者全員で壇上に上がり行いました。
 「中小企業は地域と共にあります。だからこそわたしたちはここで生きていくという決意を共にできる女全交として準備しています」と村井実行委員長が参加を呼びかけた後、「来んさい!見んさい!語りんさい!」と会場全体で声を上げました。

 2日目は宮崎由至・中同協顧問(㈱宮崎本店代表取締役会長)が「今日の異端は明日の真ん中~青年経営者への期待」をテーマに特別報告。記念講演では、「ビジョン実現のための創業と研究~研究発想から世界をねらう」をテーマにH2L㈱創業者の玉城絵美氏が報告。
 次回開催の森弘国・熊本青全交実行委員長にバトンが引き継がれ閉会となりました。  沖縄での開催ということもあり、夫婦、お子様連れの参加も多く、同友会で真摯に学ぶ姿は、家族へ同友会運動への理解を広げることにもつながりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2019年 1月 の記事一覧

粟屋 充博 氏 (旭調温工業株式会社  代表取締役社長)  新年明けましておめでとうございます。  昨年は7月に豪雨災害があり、被災された会員の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  「新年の抱負を」とのことですので、自…

>続きを読む

 去る1月9日、福山支部の新春講演会&互礼会の中で、広島県中小企業家同友会と福山平成大学との連携協定の調印式を行いました。  これは、昨年4月の福山支部35周年行事の中で河村支部長が「今後の同友会運動を展望すると、地域の…

>続きを読む

講師:慶応義塾大学 経済学部 教授  植田 浩史 氏 ●将来を考え今を考える  10年ビジョンという言葉を最近よく耳にしますが、10年後の変化を当てることは難しいです。皆さんが使っているスマホは10年前には存在しませんで…

>続きを読む

【報告者】菅原汽船㈱ 代表取締役  菅原 博文 氏 (広北、経営労働委員) 菅原汽船 株式会社 ≪経営理念≫  三方よしの精神で、安全確実な海運業を創造し、全従業員の物心両面の幸せを追求すると共に豊かなグローバル社会の実…

>続きを読む

報告者:㈱菊貞 代表取締役  菊崎伊久江 氏 ■会社を継ぐのが嫌だった  菊貞は創業150年。1868年に菊崎啓次郎(6代前のご先祖様)が活牛馬問屋を始めたのがきっかけと聞いています。1975年に祖父菊崎貞が会社を設立。…

>続きを読む
トップヘ