同友ひろしま/2019年/2月/News

更新日2019.03.01

ちょっとした話 439号3本

====================

広島県内初!テレワーク先駆者百選に ㈱サンエイ(福山支部)
 
 総務省では、平成27年度から、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」及び「テレワーク先駆者百選」として公表しています。平成30年度の選定企業として、㈱サンエイが、広島県内では初めて「テレワーク先駆者百選」に選ばれました。
 同社は2016年以降「いつでもどこでも働ける」IT・セキュリティー環境を整備し、実践内容をライブオフィスとして一般公開も行ってきました。この度の選出に際しては、子育て中の社員に対する積極的な在宅勤務の実施、残業時間の大幅な削減(部門により25.3%~64.4%の削減)、社内SNS活用による業務の効率化、事務業務の一部自動化、会議/ミーティングの削減等が総合的に評価されました。「在宅勤務で環境が変わることで集中力が高まり、能率が上がる。発注や問い合わせに対するレスポンスが早まった」と語る武田聡樹社長。「大企業が先に取り組むと、中小企業との格差が広がる。地方の中小企業もテレワークを始めるべき」と訴えています。 

====================
イルミネーションプロサンセイ~ものづくりの原点 ㈲サンセイ工業  三宅秀信 氏(東広島支部)  

 ㈲サンセイ工業は、テントフレーム製造販売、横断幕・懸垂幕・屋内外広告看板・ディスプレー、美術看板の企画・設計施工、板金パイプ加工、イルミネーションデザイン制作・設計・施工を行っています。イルミネーションは、テントの注文が減る冬場の仕事を増やそうということで始めました。  イルミネーションプロサンセイとは、物造りの楽しさと夢の実現を目指す活力に満ちた企業です。フロンティア精神を大事にし、開発指向、企画・提案型企業を目指しています。  強みとしては、お客様のあらゆるニーズにお応えする「フルオーダーによるイルミネーション」制作を行っており、お客様の手書きイラストや、図案、平面図、立面図等をご提供いただく場合等柔軟に対応します。  冬場の寒い中でのイルミネーション制作は大変です。しかし、イルミネーションが実際に点灯した時の感動と、自分で作ったものが「綺麗だなあ」と言ってもらえた時は、ものを作る側としては最高の気分です。 
====================
Cafe TOMOTASU 「美味しく、おしゃれに、美しく」 ㈱Tomotasu  花本朋美 氏(呉支部)

  呉の新しい名物として「愚直たれ(池総監の教育方針に因む)」を使った「呉海自がんすバーガー」が呉市内の八店舗で食べられます。  今回はその内の一社、cafe Tomotasuさんを取材しました。  同カフェは、呉市地方卸売市場にあります。提供する海自がんすバーガーは、オブアート(オブラートのため食べられる)で作った自衛隊旗入りが特徴。三宅水産のピリ辛がんすにカレー味の「愚直たれ」。あめ色玉ねぎの甘さがマッチします。カフェの運営だけでなく食品製造業にも力を入れています。女性四名のスタッフは作って売る事が大好きとのこと。  主力商品の自社製造のドライフルーツ(20種類)も絶品です。紅茶に入れればドライフルーツティーに。  「将来市場に観光バスが来るようになれば」。市場から元気をまっすぐに発信しています。
【cafe TOMOTASU】  呉市光町11-6 TEL:0823-22-1443  ====================

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2019年 2月 の記事一覧

 講師:駒沢大学経済学部 教授  吉田敬一 氏(中同協企業環境研究センター座長)  はじめに  2013年に福山支部に来た時の福山支部のテーマがGCH(社内総幸福)でした。  私はこのGCHという言葉が大好きで他同友会で…

>続きを読む

 講師  丸山 博 氏(㈲第一コンサルティング・オブ・ビジネス 代表取締役)  ●投資が投機に化ける  皆さんは投機という言葉をご存知でしょうか。投機とは投資と異なります。売るために買うことを投機と言います。極論すると「…

>続きを読む

報告者:㈱晃祐堂 取締役社長  土屋 武美 氏(広島東支部) ㈱晃祐堂 土屋 武美 氏 晃祐堂理念 :技術、品質、コストを究める ・国際的視野で未来を見つめる ・人材を鍛え育てる ・お客様の喜びを目指し、感謝の心で行動す…

>続きを読む

     ブランドは当たり前になりました。それだけ自分たちの価値を伝えたい人が増えたということです。今日はどうやって社員を巻き込んでブランドを作っていくか、私の関わってきた中業企業の事例を元にお話しします。  ■生き残る…

>続きを読む
トップヘ