同友ひろしま/2020年/11月/News

更新日2020.12.03

第48回青年経営者全国交流会OnLine 「志高く集いし仲間と未来に挑む」 全国より1481名が参加

■広島同友会から九四名が参加

 コロナ禍の中、青年経営者全国交流会(以下、青全交)が初めてオンラインで開催されました。9月17日~18日の期間中、本来なら愛知県に集うはずだった参加者は、それぞれの場所で、同友会運動と企業経営は不離一体として、学びあいました。
 1日目は「経営者の全人格的成長」「人を生かす経営の実践」「社員が輝く企業づくり」などをテーマに、14の分科会がそれぞれZoomで行われました。広島同友会は、第6分科会の設営を担当しました。分科会のテーマは「社員が楽しくいきいき働く企業づくり~社員への変わらぬ愛」。報告者は、藤井製瓦工業㈱代表取締役社長の藤井孝浩氏(福山支部)でした。今回は全面オンライン開催ということもあり、分科会の設営にあたっては、青年部会が一体となり多くの打ち合せやテスト配信を行い、本番に臨みました。結果、アンケートでは全分科会中、最高評価(設営・報告・グループ討論)でした。  

 2日目はZoomミーティングをYouTubeでライブ配信する形式で実施されました。広浜中同協会長の挨拶に続き、「2030ビジョンにつなぐ企業づくりと青年部活動~われわれ青年経営者で世界に誇れる日本の未来を創ろう~」のテーマでパネルディスカッションが行われました。 3名のパネリストのうちお一人は、㈱クニヨシ代表取締役の早間雄大氏(中同協青年部連絡会元代表、広島同友会理事)でした。「コロナ禍での自社経営」「青年部連絡会とは?2020ビジョンを経て2030ビジョンへ」などのテーマで激論が交わされました。
 その後、「中同協青年部連絡会2030ビジョン」が発表されました。次代のリーダーとして「学びを実践する」から「学びを体現する」へ。そして、「全人格的成長」は「めざす」から「遂げよう」へとビジョンに込められた思いが報告されました。

■広島同友会の出番!

 2021年の青全交は、岐阜で開催されます。その先、2030年、広島同友会が創立50周年の年に、青全交が広島で開催されます。ぜひご参加ください。
 今回の青全交の概要は、中小企業家しんぶん「10月5日号」「10月15日号」に掲載されています。
※中小企業家しんぶんのバックナンバー検索もご活用ください

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2020年 11月 の記事一覧

報告者 ㈱紀之国屋 会長  中村高明 氏 (中同協顧問・福岡同友会相談役)  福岡同友会では、全国に先駆けて「永久劣後ローン融資制度」創設を求めています。  では、経営環境から見て行きます。2019年10月に消費税率が1…

>続きを読む

 コロナ禍で半年遅れた新入社員対象の研修が10月8日、福山エリア(14社25名)、10月28日、広島エリア(15社45名)で開催されました。  4月に予定していた新入社員研修が中止となり、「一度しかない新入社員の研修をな…

>続きを読む

報告者:㈲広島金具製作所 代表取締役  水ノ上貴史 氏(福山支部・前ひろしま経営指針塾 塾長)  10月24日、ひろしま経営指針塾第四講が開催されました。報告者の水ノ上さんに経営指針の成文化と実践・共有まで報告いただきま…

>続きを読む

 「君はSF映画を見ますか?」と藤正氏。「携帯電話やキャッシュレス決済、空気汚染で全員がマスクをかけている…そんなシーンが出てきます。つまり、そこには未来の技術や社会が描かれていると思うのです」。  そんな藤正氏にお話を…

>続きを読む
トップヘ