同友ひろしま/2020年/6月/News

更新日2020.06.22

ちょっとした話(2)コロナに負けるな! 「チャリティ・プリント」で地域を応援 堀越車体㈱  十川 孝行 氏(広島東支部)

 自動車部品販売事業を行う堀越車体㈱は、新型コロナウイルスの影響を受けても頑張っている医療従事者や会社、地域を応援するため、「チャリティ・プリント」という活動を行っています。この活動は、地域を明るくする応援メッセージを車体にペイントし、コロナ終息後には削除までを無償で行います。
 従来のラッピングよりも安価で、気軽に消去・変更ができるため、求人や季節ごとのデザインなど、会社のPRを気軽に荷台に表現することが可能です。  行政関係では、呉市の公用車に無償でペイントを施しています。同様に県内外市町村のコロナ対策支援の「チャリティ・プリント」も引き続き進行中です。
 「自社の事業を見える形で地域貢献に生かしたい」と語る十川氏。「メッセージカーには発信力がある。かっこいいで終わらない、役に立つデザインを提供したい」との思いから、今後は、各地に観光客を呼び戻すためのPR企画、企業のブランド価値の向上や販売促進に繋がるプリントで、地域の活性化を目指します。

  詳しくはホームページをご参照ください。
https://horikoshi-body.jp/

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2020年 6月 の記事一覧

㈲メタルワーク福山 代表取締役  大植 栄 氏(福山支部)  コロナウイルスの感染症対策で、多くの会員企業が大きな影響を受けています。それを突破するアイディアはないのか…。そこで過去にあったバブル崩壊やリーマンショックな…

>続きを読む

綜合テント工業㈲  馬淵憲徹 氏(広島中支部)  4月28日、中國新聞の地域ニュースに、フェイスシールド3500枚が、広島県テント組合などから広島県医師会に贈られたという記事が掲載されました。写真の中で直接フェイスシール…

>続きを読む

㈲広島ピーエス 代表取締役  宮原和樹 氏(東広島支部)  新型コロナウイルスの問題で、全国的にマスクが不足し、特に病院等の医療現場では深刻でした。自動車機器メーカーへの部品および工場内の運搬機器を生産する㈲広島ピーエス…

>続きを読む
トップヘ