同友ひろしま/2020年/6月/News

更新日2020.06.22

ちょっとした話(1)「いま、できることを」 ㈱村上製作所  村上 令一 氏(尾道支部)

 きっかけは、取引先から新型コロナウイルスの感染者が出たことです。
 外出できない日々が続き、仕事自体も減り時間が余っていた時、3Dプリンタでフェイスシールドを作れることを知りました。インターネットで「A4クリアファイルを使用するフェイスシールド(大阪大学大学院医学系研究科 次世代内視鏡治療学共同研究講座)のデータをダウンロードして作りました。
 SNSで告知してしばらくすると、「欲しい」という声をたくさんいただきました。一方、一人ですることに限界を感じて、医療・福祉関係に送るなら、つながりのある業種の会員に手伝ってもらったほうが、コロナ終息後に選んでもらえる関係づくりができると思い、「大平交通㈱」、「ロイヤルインテリア㈱」、「㈲I WILL ロケーションフォトSMILE」に声をかけました。加えて「(福)愛和会」がボランティアで参加してくれました。みんなには本当に感謝しています。
 こんな時だからこそ、未来を考えながら「いま、できること」をしてきたいと思います。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2020年 6月 の記事一覧

㈲メタルワーク福山 代表取締役  大植 栄 氏(福山支部)  コロナウイルスの感染症対策で、多くの会員企業が大きな影響を受けています。それを突破するアイディアはないのか…。そこで過去にあったバブル崩壊やリーマンショックな…

>続きを読む

綜合テント工業㈲  馬淵憲徹 氏(広島中支部)  4月28日、中國新聞の地域ニュースに、フェイスシールド3500枚が、広島県テント組合などから広島県医師会に贈られたという記事が掲載されました。写真の中で直接フェイスシール…

>続きを読む

㈲広島ピーエス 代表取締役  宮原和樹 氏(東広島支部)  新型コロナウイルスの問題で、全国的にマスクが不足し、特に病院等の医療現場では深刻でした。自動車機器メーカーへの部品および工場内の運搬機器を生産する㈲広島ピーエス…

>続きを読む
トップヘ