同友ひろしまNews

7.広島信用金庫 広島を元気にする懇談会

 広島信用金庫と同友会は2015年5月、広島経済の振興と中小企業の成長・発展を願って連携協定を結びました。この連携協定の一環として、2月に広島4支部では支部・地区会役員と地域エリア支店との懇談会を合計6回開催しました。(広島4支部には現在会員が約1200名、支部・地区役員は382名)
 広島東・南エリアは、東区・南区を対象に2月12日に開催。広島信用金庫は8支店・本部より21名、同友会から35名の参加でした。
 冒頭、川口代表理事より、連携協定の意義の説明、錫木広島東支部長の開会あいさつ。その後、上野広島信用金庫段原支店長より「広島信用金庫の理念と取組」の報告。同友会より、道垣内南①地区会長の経営体験報告がありました。
 道垣内氏の報告は、創業期から同友会への入会、経営危機そこからの脱出、同友会役員としての責任、これからの自社ビジョン、金融機関との関わり、と経営者ならではのご報告でした。
 報告の後は同友会らしくグループ討論、また懇親食事会も企画し、先ずはお互いを知り合う機会となりました。
(文責 事務局 渡辺)

07p1107p12

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 政策委員会(宮﨑基委員長)は9月4日、県商工労働局との懇談会を開催しました。同友会から粟屋充博代表理事、県から佐伯安史商工労働局長が開会挨拶、15年間の懇談会の意義を確認しました。  まず同友会事務局が経営環境アンケー…

>続きを読む

 今年度で県立広島商業高校(広商)の2年生のインターンシップは16年目を迎えます。広商のインターンシップは、校長先生を始め先生方が、生徒の中小企業での就業体験に強い期待をもっておられることから支援を継続して来ました。  …

>続きを読む

報告者:㈱デイ・ディライト 代表取締役  藤原 克明 氏 (広島西支部) ●経営者が学ぶ姿勢に感銘  私は大学の建築学部卒業後、住宅メーカーに就職しました。しかし、大学のゼミで習ったプログラミングがどうしてもやりたいと思…

>続きを読む
トップヘ