同友ひろしまNews

EA21を活用して環境経営に取り組もう ~地球環境委員会

 去る2月11日、広島事務所で、県地球環境委員会主催のEA(エコアクション)21の勉強会を行いました。講師はEA21の審査委員もしている佐藤技術士事務所の佐藤恵一代表。今回の勉強会の狙いは、環境経営への取り組み方を基礎から学ぶことでした。

 EA21は同じく環境品質管理システムであるISO14000のいわば日本版。最大の違いは、ISOが取り組みそのものを自分で構成しなければならないのに対して、EA21は業種ごとに示されているマニュアルに沿って、自社なりの取り組みを構築していくこと。もう一つは、ISOの審査委員はアドバイスをしてはならないルールですが、EA21は問いには回答・アドバイスを行わなければならないことです。
 佐藤氏は「まずは、経営者が環境経営に取り組むことを宣言し、担当者を決めて計画を立て、PDCAを回すこと。気合だけで1割はエネルギー費をカットできる。あとはあきらめずに取り組むことが大事」と語りました。
 取り組みの資料はEA21中央事務局HPからダウンロードできますし、事例も公開されています。大いに活用していきましょう。
(http://www.ea21.jp/)

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 講師:駒沢大学経済学部 教授  吉田敬一 氏(中同協企業環境研究センター座長)  はじめに  2013年に福山支部に来た時の福山支部のテーマがGCH(社内総幸福)でした。  私はこのGCHという言葉が大好きで他同友会で…

>続きを読む

 講師  丸山 博 氏(㈲第一コンサルティング・オブ・ビジネス 代表取締役)  ●投資が投機に化ける  皆さんは投機という言葉をご存知でしょうか。投機とは投資と異なります。売るために買うことを投機と言います。極論すると「…

>続きを読む

報告者:㈱晃祐堂 取締役社長  土屋 武美 氏(広島東支部) ㈱晃祐堂 土屋 武美 氏 晃祐堂理念 :技術、品質、コストを究める ・国際的視野で未来を見つめる ・人材を鍛え育てる ・お客様の喜びを目指し、感謝の心で行動す…

>続きを読む

     ブランドは当たり前になりました。それだけ自分たちの価値を伝えたい人が増えたということです。今日はどうやって社員を巻き込んでブランドを作っていくか、私の関わってきた中業企業の事例を元にお話しします。  ■生き残る…

>続きを読む
トップヘ