同友ひろしまNews

更新日2017.03.31

第四七回中小企業問題全国研究集会in鹿児島 「経営維新は薩摩からでごわす!」 広島より六五名、全国より会員一一八九名が参加  

●中小企業が抱える経営課題を深め、戦略を立てる
 去る2月16日・17日。鹿児島にて『経営維新は薩摩からでごわす!一緒き語いもんそ!』をスローガンに、第四七回中小企業問題全国研究集会が開催されました。
 全国で1189名、広島同友会より65名の参加でした。

 1日目は、中小企業が抱える課題をテーマに、見学分科会を2つ含む13分科会でスタートしました。
 私が参加した第8分科会では、高齢化社会への対応「人間らしく生きる~持続可能な社会のために中小企業は何ができるか」がテーマでした。
 その他の分科会では、「中小企業を取り巻く情勢」「経営環境改善」「付加価値を高める」「海外も視野に新市場創造」「人を生かす経営の実践」「求人難への対応」「経営者保証」といった課題が取り上げられていました。

●全国の仲間と出会い、確認する場

 1日目の夜は懇親会でした。
 三反園鹿児島県知事のご挨拶の後は焼酎の水割りで乾杯。伝統神楽、物産展の紹介、全国行事のPRが行われました。
 県を越えて会員の皆さんが、相互に名刺交換をされるなど親交を深めました。
 また、鹿児島同友会では、全国研究集会を期に会勢を200名増やし、500名を越える会員数になったことが報告されました。

●伝統と革新はセット

 2日目は記念講演。「伝統を守り革新し続けるローリング型経営~激減する大島紬業界から世界への果敢な挑戦~」をテーマに、鹿児島同友会の窪田織物㈱代表取締役、窪田茂氏が報告されました。
 大島紬は1300年前からある伝統産業。しかし市場の収縮等により生産高がビーク時の3%に落ち込む苦境に立たされます。97年に夫婦二人三脚で事業立ち上げ、「同業者と競争しない戦略」「絶え間ない変化、ローリング経営」「朝礼・日報で社員力の結集」「ブランド化、洋服事業に進出」「分社独立に向けた社長育成」と業界をリードする会社へと成長を果たされました。
 まさに、経営維新は薩摩からというテーマに相応しい記念講演でした。

 
●全国行事に参加しましょう
 中同協が開催する全国行事の主なものは左記の通りです。年に一度は参加されませんか。
・全国総会(愛知) 7月6日~7日
・青年経営者全国交流会(茨城)9月14日~15五日
・障害者問題全国交流会(福山市)10月19日~20日
・中小企業問題全国研究集会(兵庫)2月8日~9日

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 「中小企業は、経済をけん引する力であり、社会の主役である」とうたった中小企業憲章(憲章)が閣議決定されて今年で9年目を迎えました。中同協(同友会全国協議会)は6月4日、憲章・条例推進月間キックオフ会議を衆議院第2議員会…

>続きを読む

■地域の若者を地域で育てる  去る5月18日オークアリーナにおいて「呉の中小企業を知ろう!高校生と保護者のための企業ガイダンス」を開催しました。今回は、昨年よりも多い136社(うち会員外39社)の出展、高校生と保護者を合…

>続きを読む

問題提起者:旭調温工業㈱ 代表取締役社長 粟屋 充博  氏  会は2023年10月6日に創立50周年を迎えます。そこに向けて、第7次中期ビジョンは経営者・会社・同友会のありたい姿を描いたものです。当社でも中期計画を作らな…

>続きを読む

【問題提起者】広島信用金庫 専務理事  川上 武 氏 ■令和を迎え、新しい時代へ  日本資本(合本)主義の父とされる渋沢栄一は二宮尊徳の思想を受け継いだ財界人の第一人者です。  「経済なき道徳は寝言であり、道徳なき経済は…

>続きを読む
トップヘ