同友ひろしまNews

『脇の甘い経営では、会社は本当に失くなるぞ!』 ~すべてに向き合う事の大切さ 責任・覚悟・想い~

■後継した会社を失う

 父から引き継いだエーブルコンストラクションは建築鉄骨の設計・施工会社で、4K(暗い、汚い、危険、きつい)な職場環境でした。工場には弟も働いていたのですが、聞くところによると給料の未払いがあるようでした。
 そこで僕は2007年に改善に取り組みました。しかし、改善についてきてくれる人は数名でした。それでも3年後には、未払いがなくなりました。さらに多能工化や3S、機械の多台持ちなどを進めました。結果、明るくきれいな工場になり、人も明るくなりました。このとき、僕は経営の勉強をしていませんでした。儲かってるしいいやと思っていたのです。
 そして08年、リーマンショックが起きます。業界は縮小し、得意先の中で生き残ったのはY鋼業1社だけとなり、エーブルはその言いなり単価で仕事をしていました。
 ある日、Y鋼業の社長から「経営のプロを送り込んでやる」と提案されました。僕はY社長の提案を受け入れました。これで何とかしてもらえると安心したのです。そして副社長がやってきました。副社長がやってきて最初にしたことはリストラでした。社員を半分に減らすと、副社長は自分の持っていた鉄工所から従業員を連れてきました。こうして、従業員の半分が副社長の息のかかった人間になったのです。
 今度はY社長から「うちに経営の勉強をしに来い」と言われ、僕は出向します。出向から帰ってきたとき、すでにエーブルは副社長のものになっていました。そして、借金がかさみエーブルはY鋼業に売却することになりました。
 エーブルの敷地には、父親が大好きだった白樺の木があります。その木は売却してすぐに伐採されてしまいました。このとき、父親がぼそりとつぶやきました。「これでこの会社に何の未練もなくなったわ」と。僕は会社だけでなく、父の魂も売ってしまったのだと気が付きました。
 
■ゼロからの再出発

 12年、鹿間工業はわずか9名の社員とともにスタートしました。しかし、鹿間工業には仕事も信用もありません。そんな中、昔世話になったからと助けてくれる人もいました。周りの助けもあり、3年後には会社は黒字になりました。
 14年11月、僕は奈良同友会に入会します。毎月例会に参加して、その中で経営の勉強をしようと頑張りました。同友会に入ってから、広島の経営者の方に「坂本竜馬は、最初からすごいやつじゃなかった。全国を巡っていろんな人に出会って立派になったんだ」という話を聞きました。これを聞いて、全国に出ていろいろな人に会えば、僕も良い経営者になれるのではないかと考えました。
 それから僕は経営の勉強ばかりしていました。すると、社員から「社長は何考えてんのかわからん」と言われました。僕は、皆と誇りをもって仕事をしたい。小さくても大企業に負けない会社にしたい、と伝えました。そして経営理念を定めました。人に伝えることの大切さを実感しました。
 同友会に入ってから僕は様々なことに取り組みました。MG研修で経営の練習をしました。建築の鉄鋼以外の、プラント、土木、金物などの業界に参入しました。下請けから脱却するためにWEBで営業もしました。今は仕事がなくても1年は給料を払える額を目指して、内部留保を増やしています。他にも、5年10年先を見据えて古くなったビルのリノベーション事業に取り掛かっています。
 鹿間工業の経営理念は、『より良く、楽しく』。これを突きつめていきたいと考えています。
 
■経営者かくあるべし

 同友会入会前、僕にはエーブルを取り戻すという夢がありました。しかし、入会後にそれは通過点になりました。今の夢は、本気で社員を幸せにする、地域の人を幸せにする、日本を良くすることです。
 鹿間工業を本格稼働した当時は先が全く見えませんでした。そんなとき、香川の先輩経営者からこんな言葉をいただきました。「人生な、苦しいこともある。逃げ出したいこともある。でも、絶対に負けたらいかん。負けたらいかんぜよ!」
 経営者は逃げたらいけない。僕は逃げたから、社員に苦しい思いをさせました。僕は彼らを幸せにしなければならない。「負けたらいかん」この言葉を皆さんに送りまして、今日の記念講演とさせていただきます。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

報告者 ジュンブライダル 代表取締役  前川 順 氏(京都同友会)  私は大学卒業後に婚礼衣裳の会社に就職し、1991年に慶事の貸衣裳や写真スタジオを行うジュンブライダルを設立しました。同友会に入会したのは会社設立から3…

>続きを読む

 お盆明けの8月17日、広島西支部障害者問題委員長の宮﨑真さんの会社(㈱ニシキプリント)に、広島県立廿日市特別支援学校の先生方3名をお迎えして懇談しました。  コロナ禍になって1年半。感染対策もわかってきて、業種による差…

>続きを読む

報告者 ㈱芝岡産業 代表取締役  田中 宗弘 氏(呉支部)  私どもの会社は、1968年に創業した鉄工所です。私は創業者の次女と結婚し、1992年2月に入社しました。社員数は69名、製造品目ごとに特化した3つの工場を有し…

>続きを読む

■Zoomで二日間の開催  今年のテーマは「NX ネクストトランスフォーメーションー次なる進化をとげよー」です。コロナ禍でなかなか収束が見えない中、それでも次への進化に邁進する姿を示そう、という思いを表しています。史上初…

>続きを読む
トップヘ