同友ひろしまNews

2017役員オリエンテーション 第6講 「同友会らしい役員とは ~同友会運動発展のために」

  入会当時の我が社は、社員10名そこそこの“町工場”で、工場は乱雑で通路もなく、社員の制服もありません。当時は社員のことを「敵」くらいに思っていました。入会して27年、役員を引き受けて17年、現在はどうか。売上は約4倍の15億2千万円、社員数は約4倍の43名。一昨年は、3S活動の取組で表彰され、ある書籍では激変の事例として取り上げられました。

 社員は「パートナー」であり、改善改革の知恵袋だと思っています。この変化に裏にあるのは、同友会の学びがあったからです。
 
同友会の学び

 最大の特徴は、2つあると思います。①“ボスをつくらない”こと。会員同士は対等であり、運営は指示命令ではなく、協議の上でやってもらう人にやる気になってもらう。時間はかかりますが、成果は大きく、自社に大いに役立ちました。②連帯(仲間意識)。経営指針の活用の仕方や方針の立て方など包み隠さず「そんなことまで?」と教えてくれることです。
 それを踏まえて、役員としての会に対する役割は、①担当部署を活性化させること、②事務局との連携、③仲間を増やす、④地区会に参加すること、です。自社においては、会がすすめることを素直に会社で実践することです。
 
自社での実践

 2002年に、丸山先生のセミナーに参加して、経営指針を成文化しました。社内で発表したのですが、不穏な空気となり、机の引き出しにしまいこみました。4年後、支部例会を担当する企画委員長という役を受けた時のことです。一念発起して、経営指針づくりに再チャレンジしました。理念には、本当にそうありたいという思い「信頼され愛される」を掲げました。自分の考え方がスッキリし、社員にも堂々と語れるようになりました。最初のしらけムードはだんだんなくなり、会社が変わっていく手ごたえを感じました。
 支部長を引き受けた時、新卒採用にも挑戦しました。先輩方が「会社が絶対に変わる」としつこく誘われ、最初は嫌々でした。「3Kなのでできるはずがない」と思い込んでいたのかもしれません。最初の年は、ブースにさえ誰も来なかったのです。三年後に短大卒の女性社員を採用できました。彼女は今では、わが社を支えてくれるまでに成長しています。
 障害者雇用にも挑戦しました。初めて採用したAくんは本当に明るい子で、皆から愛され、社内が明るくなっていきました。残念ながら1年勤務した後、諸事情で他の会社で働くことになり退社しました。個性を生かす難しさを実感しましたが、人として一回り成長できる経験でした。この春、Aくんの後輩をうちで採用することになりました。
 
必ず成果はあがる

 同友会での学びの集大成は「人を生かす経営」、もっと言うなら、「社員をやる気にさせる経営」だと思います。七年前、「GCH(社内総幸福 Gross Company Happiness)を高めよう」を掲げました。社員がどうすればやる気に、幸せになってくれるのかを考えました。
 具体的には、次の3つの柱で経営指針の具体化をはかりました。①「見える化」の推進。業績や試算表、顧客の細かい情報や業界の動向、営業や製造のことなど、どんどん公開しています。社員が会社を自分のものだと思ってもらうには、会社のことを知ることが大事だと思うからです。②「うわべだけではないコミュ二ケーション」。不公平感や不平等感、うらみつらみを払しょくするため、「開発会議」を定期的に開催しています。当初は社長への不満ばかりでしたが、重ねていくうちに「自分の会社を良くしたい」という素直な意見が出てくるようになりました。③「誇りが持てる企業づくり」。利益が出せれば社員にしっかり還元する。うちの会社はこんな良い所がある、ということを少しでも増やそうとしています。例えば、計画的に遠慮なくとれる有給休暇消化制度、社員の家族への誕生日プレゼントなど。小さなことですが、この積み重ねが全社一丸につながるのだと思います。
 会の活性化への取組と自社の改革改善は同時進行です。実践あるのみなのです。
 同友会を信じ、役員というプレッシャーをエネルギーに変え、良い会社をめざして一緒に頑張っていきましょう。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

報告者 ジュンブライダル 代表取締役  前川 順 氏(京都同友会)  私は大学卒業後に婚礼衣裳の会社に就職し、1991年に慶事の貸衣裳や写真スタジオを行うジュンブライダルを設立しました。同友会に入会したのは会社設立から3…

>続きを読む

 お盆明けの8月17日、広島西支部障害者問題委員長の宮﨑真さんの会社(㈱ニシキプリント)に、広島県立廿日市特別支援学校の先生方3名をお迎えして懇談しました。  コロナ禍になって1年半。感染対策もわかってきて、業種による差…

>続きを読む

報告者 ㈱芝岡産業 代表取締役  田中 宗弘 氏(呉支部)  私どもの会社は、1968年に創業した鉄工所です。私は創業者の次女と結婚し、1992年2月に入社しました。社員数は69名、製造品目ごとに特化した3つの工場を有し…

>続きを読む

■Zoomで二日間の開催  今年のテーマは「NX ネクストトランスフォーメーションー次なる進化をとげよー」です。コロナ禍でなかなか収束が見えない中、それでも次への進化に邁進する姿を示そう、という思いを表しています。史上初…

>続きを読む
トップヘ