同友ひろしまNews

広島銀行の事業性評価 企業と一体となり、 持続可能な地域発展を担う

 呉支部政策委員会では、6月29日に「金融仲介機能のベンチマーク」をテーマに勉強会を開催しました。
 今回は、県内の金融機関でベンチマークについて公開されている広島銀行より法人企画室室長の前田敏彦氏、担当課長代理の岡田隆志氏よりお話し頂きました。
 先ずは、金融庁がおこなった企業ヒアリング・アンケート調査の結果を説明。メインバンクの選択理由は「融資の金利」の約3倍が「会社や事業に対する理解」です。金融機関の経営支援に対しては約8割が「財務内容の改善」に効果があった。一方で、融資スタンス(担保・保証)に対しては厳しい声が圧倒的に多い、という結果でした。
 広島銀行では、財務データや担保・保証などに必要以上に依存しない各企業の事業性評価による融資に重点を移しています。淘汰されない、捨てられない銀行になるために、行員の方の目利き、決算数値に現れない定性分析に力を入れています。
 『中小企業では、企業そのものが経営者。経営者が企業そのもの』という観点から経営者のヒアリング、現場・工場見学などを重視されています。
 
※広島銀行では、『中小企業の発展なくして地域の発展なし。地域の発展なくして地域金融機関の発展はない』、との姿勢を打ち出されています。
 会員の皆様は、冊子「経営指針作成の手引き」等を活用し、同友会型企業づくりに着手しましょう。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

広島4支部求人社員教育委員会 ~会員企業50社で生徒75名を受け入れ~  今年度で県立広島商業高校(広商)の2年生のインターンシップは15年目を迎えます。広商のインターンシップは、校長先生を始め先生方が、生徒の中小企業で…

>続きを読む

  来る2019年6月13日(木)、14日(金)にリーガロイヤルホテル広島をメイン会場に第22回女性経営者全国交流会(以下、女全交)が開催されます。  現在、県女性部連絡会では実行委員会を立ち上げ、来年に向けて着々と準備…

>続きを読む

報告者:㈱小林ゴールドエッグ 代表取締役  小林真作 氏(徳島同友会) ■小林ゴールドエッグの仕事  他社と差別化を図ってもすぐ真似される食品業界で、小林ゴールドエッグがどうやって差をつけていったかお話します。  小林ゴ…

>続きを読む

 去る9月13日・14日、第6回人を生かす経営全国交流会が宮崎にて開催されました(参加者550名)。  一日目は共同求人「新卒採用で会社が変わった」(秋田)・障害者問題「障害者問題について関心を深め、取り組みの輪を広げる…

>続きを読む
トップヘ