同友ひろしまNews

自社を発展させ、地域を良くする~役員研修大学ステップ2がスタート

 同友会とはなんぞや?
 この質問への答え方は幾通りもありますが、ひとつの答え方として、「地域で社員を大切にする良い会社を増やし、中小企業全体の地位向上をはかる」運動であると言えます。
 そのような同友会運動のリーダーが育つ場として、「役員研修大学」が開設されています。2つのステップがあり、2年間で1回転しています。昨年度は、ステップ1「役員オリエンテーション」(全六講座)が行われ、今年度はステップ2「役員研修大学」(全一〇講座)が行われます。
 去る7月22日(土)、アークホテル広島にて、役員研修大学(ステップ2)の第一講が開催され、34名が参加しました。第一講のテーマは、「同友会の歴史」。報告者は、中同協 会長、㈱ヒロハマ 代表取締役会長、千葉同友会所属、広浜泰久氏。
 報告のポイントは、同友会の理念(①三つの目的、②自主・民主・連帯の精神、③国民や地域と共に歩む中小企業)を取り入れて実践し、自社をどのように発展させていくか、広浜さんの会社での取り組みをふんだんに盛り込んでご報告いただきました。

 特に印象に残ったことは、経営を数字で語ること、同友会理念を言葉ではなく実践で語ること、という提起でした。
 参加者の感想では、
「社員さんに数字の大切さを十分に伝えていないことに気づきました。また、社員一人一人の力量を最大限引き出すうえで、社員の力量を把握していないと思いました」、
「改めて経営者と社員との信頼関係の大切さに気付きました。会社の状況(売上・利益・経営課題)を社員と共有し、PDCAを回すために、社員一人ひとりの目標に対する到達点の確認を月1回行ってきましたが、今後、月2回に変更したいと思います」、
「これからはメモをとるだけではなく、それを自社の課題に照合させ、いつ誰がどんな形で取り組むかスケジュール化し、必ず実践につなげます」。
 総会で決まった広島同友会の活動方針は、企業づくり、地域づくり、会づくりの3分野で整理されていますが、まずもって「良い会社」であること。同友会で学んで実践し、自社を良くしていくことが大切であると確認しました。
 
※ 役員研修大学ステップ2への参加は、受講資格が必要です。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

●豪雨の当日  呉支部では7月6日(金)は支部理事の皆さんが中同協全国総会(in宮城)に参加されていました。全国総会を途中退席されその日のうちに呉市まで戻った方、大阪や京都で一泊された方。翌日の交通の便に切り替えられた方…

>続きを読む

企業は違えど、同期の仲間 「共に育つ関係」が、これからも続くことを  梅雨が明け、本格的な夏が始まろうとする七月、今年も広島・福山の2会場で新入社員フォロー研修が開催されました。広島会場:7月2日開催・28社88名、福山…

>続きを読む

講師:税理士法人 若宮&パートナーズ 代表社員  若宮 克彦 氏  7月26日、西支部オープン例会では、事業承継をテーマに今年度改正された税制改正についての講演が開催されました。 ■画期的な税制改正  これまでの税制では…

>続きを読む

 今年の県環境経営委員会の方針の柱は、実践事例に学ぶこと。今回は「全国総会の後はエネシフツアー」を合言葉に、7月の全国総会後、福島同友会の会員企業2社を訪問しました。  訪問先は、DOYU―ECOの大賞を受賞したこともあ…

>続きを読む
トップヘ