同友ひろしまNews

自社を発展させ、地域を良くする~役員研修大学ステップ2がスタート

 同友会とはなんぞや?
 この質問への答え方は幾通りもありますが、ひとつの答え方として、「地域で社員を大切にする良い会社を増やし、中小企業全体の地位向上をはかる」運動であると言えます。
 そのような同友会運動のリーダーが育つ場として、「役員研修大学」が開設されています。2つのステップがあり、2年間で1回転しています。昨年度は、ステップ1「役員オリエンテーション」(全六講座)が行われ、今年度はステップ2「役員研修大学」(全一〇講座)が行われます。
 去る7月22日(土)、アークホテル広島にて、役員研修大学(ステップ2)の第一講が開催され、34名が参加しました。第一講のテーマは、「同友会の歴史」。報告者は、中同協 会長、㈱ヒロハマ 代表取締役会長、千葉同友会所属、広浜泰久氏。
 報告のポイントは、同友会の理念(①三つの目的、②自主・民主・連帯の精神、③国民や地域と共に歩む中小企業)を取り入れて実践し、自社をどのように発展させていくか、広浜さんの会社での取り組みをふんだんに盛り込んでご報告いただきました。

 特に印象に残ったことは、経営を数字で語ること、同友会理念を言葉ではなく実践で語ること、という提起でした。
 参加者の感想では、
「社員さんに数字の大切さを十分に伝えていないことに気づきました。また、社員一人一人の力量を最大限引き出すうえで、社員の力量を把握していないと思いました」、
「改めて経営者と社員との信頼関係の大切さに気付きました。会社の状況(売上・利益・経営課題)を社員と共有し、PDCAを回すために、社員一人ひとりの目標に対する到達点の確認を月1回行ってきましたが、今後、月2回に変更したいと思います」、
「これからはメモをとるだけではなく、それを自社の課題に照合させ、いつ誰がどんな形で取り組むかスケジュール化し、必ず実践につなげます」。
 総会で決まった広島同友会の活動方針は、企業づくり、地域づくり、会づくりの3分野で整理されていますが、まずもって「良い会社」であること。同友会で学んで実践し、自社を良くしていくことが大切であると確認しました。
 
※ 役員研修大学ステップ2への参加は、受講資格が必要です。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

粟屋 充博 氏 (旭調温工業株式会社  代表取締役社長)  新年明けましておめでとうございます。  昨年は7月に豪雨災害があり、被災された会員の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  「新年の抱負を」とのことですので、自…

>続きを読む

 去る1月9日、福山支部の新春講演会&互礼会の中で、広島県中小企業家同友会と福山平成大学との連携協定の調印式を行いました。  これは、昨年4月の福山支部35周年行事の中で河村支部長が「今後の同友会運動を展望すると、地域の…

>続きを読む

講師:慶応義塾大学 経済学部 教授  植田 浩史 氏 ●将来を考え今を考える  10年ビジョンという言葉を最近よく耳にしますが、10年後の変化を当てることは難しいです。皆さんが使っているスマホは10年前には存在しませんで…

>続きを読む

【報告者】菅原汽船㈱ 代表取締役  菅原 博文 氏 (広北、経営労働委員) 菅原汽船 株式会社 ≪経営理念≫  三方よしの精神で、安全確実な海運業を創造し、全従業員の物心両面の幸せを追求すると共に豊かなグローバル社会の実…

>続きを読む

報告者:㈱菊貞 代表取締役  菊崎伊久江 氏 ■会社を継ぐのが嫌だった  菊貞は創業150年。1868年に菊崎啓次郎(6代前のご先祖様)が活牛馬問屋を始めたのがきっかけと聞いています。1975年に祖父菊崎貞が会社を設立。…

>続きを読む
トップヘ