同友ひろしまNews

更新日2017.10.07

広島中支部例会 中小企業家バージョン 親の終活VS子の終活 ~会社を守り発展させるために、相続・事業承継に備える~


 
「終活」ご存じですか?
 「終活」という言葉をご存じでしょうか?「終活」という言葉を聞いたことがある人は多くいらっしゃいますが、具体的なアクションを起こしている人は少ない、というのが私の実感です。
 「終活」がうまく進まない原因に、家族内のコミュニケーション不足があります。親子ではお金の話はなかなか難しいことではありますが、夫婦間で会話がないということでは、後々、問題が大きくなりがちです。ましてや、認知症を発症してしまうと、法的にできないことも出てくるためもっと大変なことになってしまします。
 子どもの立場からすると、親の介護、葬儀やお墓のことなど、親の年金や財産、希望を具体的に教えられていないと、なにもできないという状況になってしまいます。
 
心身共に元気なときに
 家族円満だから大丈夫、うちにはお金がないから、元気だから心配ない、親の金をあてにするな、子どもには迷惑かけない、これらはすべてバツです。
 心身共に元気で、きちんと会話ができて、専門家の意見を聞いて判断できる時でないと「終活」はできないのです。ましてや経営者の場合、事業リスクを考えるとすぐに取り組むべき避けて通れない問題なのです。
 
「終活」は円滑な事業承継
 「終活」は、いきいきと人生を全うするための処方箋です。亡くなるまでのことと自分が亡くなった後のことを具体的に考え、希望を伝えて準備をすることです。元気で前向きな内に「終活」を行うことがベストな時期です。
 具体的には「エンディングノート」を記入し「相続事業承継対策」、「遺言書」を整えて備えることです。事業リスクを回避するとすれば、経営者の役割であると言えます。「終活」は円滑な事業承継には、欠かせないことなのです。
 「老い」と「死」は必ず誰にもやってくることです。経営課題の一つとして、計画的に取り組みましょう。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

講師:佐藤繊維㈱ 代表取締役  佐藤 正樹 氏  私は山形で糸やニット製品の製造販売をしています。私が帰郷した25年前、山形に450社あった繊維会社は、現在23社にまで減少し、会社規模も3分の1程度にまで縮小しています。…

>続きを読む

講師:特定非営利活動法人 日本動産鑑定 会長  森 俊彦 氏 ■日本の持続可能な社会の実現は中小企業の元気から  私は、金融庁をはじめ、経済産業省、環境省や内閣府などの研究会や会議の委員を務めてますが、中小企業を代表する…

>続きを読む

報告者:㈱世起 代表取締役 今村 暢秀 氏 (愛媛同友会、求人教育委員長) 【会社概要】 ■設立:1970年 ■社員数:46名(内、パート29名) ■資本金:1000万円 ■年商:6億円 ■事業内容:菓子製造、卸売業 ■…

>続きを読む

報告者 香川県ケアマネジメントセンター㈱ 代表取締役  林 哲也 氏 (中同協 経営労働委員長、香川同友会 副代表理事)  同友会には1996年に入会。香川県ケアマネジメントセンター㈱で登録していますが、合同経営グループ…

>続きを読む

報告者 ㈱スタジオアイ 代表取締役会長  相川 敏郎 氏 (呉支部) ■相川写真館時代  私は島の写真館の息子として音戸町に生まれました。写真館は荒利が高い業種であったため島でやっていても豊かに暮らせていました。何不自由…

>続きを読む
トップヘ