同友ひろしまNews

更新日2017.10.07

広島中支部例会 中小企業家バージョン 親の終活VS子の終活 ~会社を守り発展させるために、相続・事業承継に備える~


 
「終活」ご存じですか?
 「終活」という言葉をご存じでしょうか?「終活」という言葉を聞いたことがある人は多くいらっしゃいますが、具体的なアクションを起こしている人は少ない、というのが私の実感です。
 「終活」がうまく進まない原因に、家族内のコミュニケーション不足があります。親子ではお金の話はなかなか難しいことではありますが、夫婦間で会話がないということでは、後々、問題が大きくなりがちです。ましてや、認知症を発症してしまうと、法的にできないことも出てくるためもっと大変なことになってしまします。
 子どもの立場からすると、親の介護、葬儀やお墓のことなど、親の年金や財産、希望を具体的に教えられていないと、なにもできないという状況になってしまいます。
 
心身共に元気なときに
 家族円満だから大丈夫、うちにはお金がないから、元気だから心配ない、親の金をあてにするな、子どもには迷惑かけない、これらはすべてバツです。
 心身共に元気で、きちんと会話ができて、専門家の意見を聞いて判断できる時でないと「終活」はできないのです。ましてや経営者の場合、事業リスクを考えるとすぐに取り組むべき避けて通れない問題なのです。
 
「終活」は円滑な事業承継
 「終活」は、いきいきと人生を全うするための処方箋です。亡くなるまでのことと自分が亡くなった後のことを具体的に考え、希望を伝えて準備をすることです。元気で前向きな内に「終活」を行うことがベストな時期です。
 具体的には「エンディングノート」を記入し「相続事業承継対策」、「遺言書」を整えて備えることです。事業リスクを回避するとすれば、経営者の役割であると言えます。「終活」は円滑な事業承継には、欠かせないことなのです。
 「老い」と「死」は必ず誰にもやってくることです。経営課題の一つとして、計画的に取り組みましょう。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 講師:駒沢大学経済学部 教授  吉田敬一 氏(中同協企業環境研究センター座長)  はじめに  2013年に福山支部に来た時の福山支部のテーマがGCH(社内総幸福)でした。  私はこのGCHという言葉が大好きで他同友会で…

>続きを読む

 講師  丸山 博 氏(㈲第一コンサルティング・オブ・ビジネス 代表取締役)  ●投資が投機に化ける  皆さんは投機という言葉をご存知でしょうか。投機とは投資と異なります。売るために買うことを投機と言います。極論すると「…

>続きを読む

報告者:㈱晃祐堂 取締役社長  土屋 武美 氏(広島東支部) ㈱晃祐堂 土屋 武美 氏 晃祐堂理念 :技術、品質、コストを究める ・国際的視野で未来を見つめる ・人材を鍛え育てる ・お客様の喜びを目指し、感謝の心で行動す…

>続きを読む

     ブランドは当たり前になりました。それだけ自分たちの価値を伝えたい人が増えたということです。今日はどうやって社員を巻き込んでブランドを作っていくか、私の関わってきた中業企業の事例を元にお話しします。  ■生き残る…

>続きを読む
トップヘ