同友ひろしまNews

地域循環型の新しい仕事づくりを考える

 地域内連携推進委員会は9月12日、委員長である永本清三氏が社長の永本建設㈱を視察しました。
 永本社長は近くの山の木で家をつくる運動を進めています。現実は外材の使用がほとんどですが、オール地元材で家をたてれば、お金は地元から逃げていきません。「製造原価から地域循環させよう」と提唱します。SGEC(緑の循環認証)産地証明材を活用し、原木の丸太から買い付け、伝統工法を復活させ、プレカットから手刻みを行うなど、ひと手間、ふた手間かけることで、付加価値が高まり、ビジネスチャンスが広がります。これがいつの間にか絶対的な強みになったと紹介します。
 また、廿日市漁民の森づくりを進め、自分たちにできるエネルギーシフトとして薪ストーブ事業を展開するなど、永本さんの身近な取り組みを伺いました。お金のない中小企業が新しい仕事づくりに挑戦するには、①地域循環に貢献するという志の高さ、②社員の働きがいをつくる(木の家づくりに共感する社員)、③それらを毎年形にして、進化(深化)させていく、などが大切なことを学んだ訪問となりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

平和じゃないと経営は語れない  広島で行われた女全交をきっかけに、1995年から語り部を始めました。  被爆時3歳だった私には、被爆の惨状は語れません。主に小中学生を相手に、私の小中学生時代の思いや行動を伝えています。同…

>続きを読む
トップヘ