同友ひろしまNews

EA(エコアクション)21を活用して企業を変革

 福山支部地球環境委員会では、「EA21を経営にどう生かすか」をテーマに勉強会を行いました。講師をEA21審査人の方に、実践報告を平和建設㈱代表取締役の岡田吉弘氏にお願いしました。
 EA21は「ISO14000」の日本版・中小企業版と言ってよい仕組みです。岡田氏は「EA21が入札のポイントに加算されることがあって、取り組みが広がりましたが、本来は企業の体質改善に役立つものだと思います」と切り出されました。
 同社は「インテグリティ企業」をめざしています。インテグリティーとは「誠実性」のこと。「コンプライアンスでは、法の範囲内ならOK。でもそれ以上の、関係者の皆さんにより深く信頼していただける会社をめざしたい」と岡田氏。経営理念・社是を「インテグリティ基準」や「環境方針」に展開して、取り組みを進めています。その手法の一つとして、EA21を位置づけています。
 「環境を守る経営と言うのは、単純に経費を削減するだけではないと思います。例えば自社の周りには照明がなく、夜間は真っ暗。そこで、会社の敷地に暗くなると自動点灯するLED照明をつける。こうした発想が社員から出てくる社風にすることが大事だと思います」と岡田氏は語っています。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 報告者:㈱デジアラホールディングス 代表取締役会長  有本哲也 氏(兵庫同友会)   自社ではインターネットを使って、エクステリアを工事付きで販売する「エクスショップ」、庭をプランから工事まで一式行う「ガーデンプラス」…

>続きを読む

 グループ討論の様子  新年度の共同求人活動が本格的にスタートする時期を迎え、求人社員教育委員会は大学・短大・専門学校の先生方との共育懇談会を開催しました。企業からは共同求人活動参加企業を中心に41名が、学校からは15名…

>続きを読む
トップヘ