同友ひろしまNews

ひろしま経営指針塾開催中 ~3月には特別講座と発表会開催~


第8講では、広島信用金庫の筒井信一郎副部長にも講義を担当いただきました。

 今年度から名前を改め「ひろしま経営指針塾」として全九講で開催中の経営指針セミナー。2月に第8講「経営計画」の部が終了し、いよいよ大詰めとなりました。
 従来の2日+フォロー1日よりも時間をかけ、テキスト『経営指針の成文化と実践の手引き』にそって学んでいること、参加者が4名程度のグループに分かれ、お互いに意見や質問をしながら、進めていることが特徴です。
 もちろん、ワークシートに記入する時間もあるので、日頃会社では実務があって集中できない方でも、自社経営と向き合う時間がたっぷりとれるのもいいところです。
 講座が終了すると、参加者からは、「頭から湯気が出るよ」と言った声も聴かれますが、1人で悩まず、講師・報告者や、参加者にも相談しながら進められるので、自身の考えを整理できているご様子。
 錫木経営労働委員長からは、「埼玉同友会さんなど他県での取組みを参考にしながら、『どうせやるなら日本一』を合言葉に取り組んでいます。成文化して実践して検証するしくみを、同友会で発行されているテキスト類を活用し、全員参画型のセミナーにすることで実現しました」とのこと。
 経営指針は作成しただけでは会社はよくなりません。作成して共有し、実践することではじめてよい会社になり、経営者も責任を果たすことができます。
 来期も開催予定です。3月16日には、来期参加を検討される方も対象に特別講座が開催されます。経営指針作成と実践の一歩を一緒に踏み出してみませんか?
 
◆ひろしま経営指針塾特別講座
「地域に希望の灯を」報告者:(株)八木澤商店 代表取締役 河野通洋氏 (岩手同友会)
とき:3月16日(金) 18:30開会
ところ:合人社ウェンディひとまちプラザ (広島市中区袋町6-36)
参加費:1,000円
申込先:同友会事務局
申込締切:3月1日(会場の都合で締切日前でも定員になった場合は締切ることがあります)

 

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

㈲メタルワーク福山 代表取締役  大植 栄 氏(福山支部)  コロナウイルスの感染症対策で、多くの会員企業が大きな影響を受けています。それを突破するアイディアはないのか…。そこで過去にあったバブル崩壊やリーマンショックな…

>続きを読む

綜合テント工業㈲  馬淵憲徹 氏(広島中支部)  4月28日、中國新聞の地域ニュースに、フェイスシールド3500枚が、広島県テント組合などから広島県医師会に贈られたという記事が掲載されました。写真の中で直接フェイスシール…

>続きを読む

㈲広島ピーエス 代表取締役  宮原和樹 氏(東広島支部)  新型コロナウイルスの問題で、全国的にマスクが不足し、特に病院等の医療現場では深刻でした。自動車機器メーカーへの部品および工場内の運搬機器を生産する㈲広島ピーエス…

>続きを読む
トップヘ