同友ひろしまNews

更新日2018.03.14

地域を語る前に、地域の歴史を知ろう~福山歴史散歩


伏見櫓に特別に入れていただきました

 11月25日、9回目の「備後歴史散歩」を行いました。場所は福山城。毎回案内をお願いしている備陽史探訪の会の田口義之会長に解説頂きながら、福山城の歴史や現在の姿の理由などを学びました。
 福山城は山陽路の鎮護の拠点として、西日本屈指の規模に築かれました。明治維新を迎え、なんとこれが分割・払い下げになります。そのため、石垣や縄張り(城の配置)までが壊されてしまいます。また一部の建物は住居として使用されていました。天守閣だけは買い手がつかず、空襲で焼失するまで残っていたとか。
 今回は「伏見櫓」に、市教委のご了解を得て入ることもでき、木材の色や木組みの違いで、元来のもの、後に加工された箇所などを見ることができました。
 さて、「備後歴史散歩」は、条例づくりの動きを作るところに端を発します。「地域のことを語る前に、地域の歴史を知る必要がある。それによって地域への愛着もわくのではないか」と2010年度に4回シリーズの勉強会を行い、それを実感するものとして、2011年度に始まりました。これまで県内でも有数の古墳群や、中世から近世の古城群、水野氏の土木工事の跡、鞆の浦での足利氏の足跡などを訪ねてきました。「これで、外からのお客様に、福山の歴史を語ることができるようになった」という方も。
 「地域に愛着を持つためにも、この会を重ねていきたい」と島田・福山支部政策環境委員長は語っています。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

㈲メタルワーク福山 代表取締役  大植 栄 氏(福山支部)  コロナウイルスの感染症対策で、多くの会員企業が大きな影響を受けています。それを突破するアイディアはないのか…。そこで過去にあったバブル崩壊やリーマンショックな…

>続きを読む

綜合テント工業㈲  馬淵憲徹 氏(広島中支部)  4月28日、中國新聞の地域ニュースに、フェイスシールド3500枚が、広島県テント組合などから広島県医師会に贈られたという記事が掲載されました。写真の中で直接フェイスシール…

>続きを読む

㈲広島ピーエス 代表取締役  宮原和樹 氏(東広島支部)  新型コロナウイルスの問題で、全国的にマスクが不足し、特に病院等の医療現場では深刻でした。自動車機器メーカーへの部品および工場内の運搬機器を生産する㈲広島ピーエス…

>続きを読む
トップヘ