同友ひろしまNews

呉支部 新春講演会&互礼会2018 「呉市のこれからを語る」


講師 呉市長  新原芳明 氏

 呉支部では、1月27日に新春講演会&互礼会2018を開催しました。(参加 会員140名、来賓13名)
 第1部では「呉市のこれからを語る」をテーマに、新原呉市長にご講演を頂きました。
 新原市長は、選挙中より掲げられていた『くれワンダーランド構想』に触れ、3つのビジョン(将来的に目指す事)、5つの宣言(市長として実施に移す事)を紹介されました。

3つのVISION
VISION1.自然と調和した未来志向の「イキイキした呉」を構築
VISION2.女性と若者のチャレンジ支援と時代を先取る産業の創造
VISION3.世界に自慢できる交流都市への発展
 
●中小企業振興基本条例について
 
 市長の掲げる5つの宣言とは、①子育て世代に住みやすいまちにします、②中小企業・経済を取戻し、未来につながる事業の創造につなげます、③「医療・介護サービスの充実と発展」と「健康でイキイキとした生活の実現」につくします、④公平で隠し事のない、クリーンな市役所行政を推進します、⑤『市長退職金市民評価』を取り入れます、という事です。
 特に、宣言②に関連しては「中小企業振興基本条例」制定を選挙公約に掲げられていました。
 2010年6月に中小企業憲章が閣議決定されました。同友会呉支部では、2011年より条例推進プロジェクトを発足し、呉市にアプローチを重ねてきましたが、条例制定には至っておりません。
 昨年10月、全国道府県43番目で広島県中小企業・小規模企業振興条例が制定されました。
 呉市でも条例制定に向けた体制作りに取り組んでいます、と市長が明言されました。しかし、条例制定は市長1人ではできません。議会の意見、同友会をはじめとする経済団体の意見、女性や若者の意見、をどのように取り入れていくのか検討されているようです。
 その他、「呉駅周辺、そごう跡地の開発」「映画の舞台にもなった青山クラブなどの歴史建物の整備」「安芸灘大橋の無料化の実現」など、選挙中にも掲げられていた課題を紹介されました。

■呉市への政策要望・提言
 
 新原呉市長の講演後、「2018年度呉市の政策に対する中小企業家の要望と提言」を相川呉支部長より手渡しました。
 この呉市の要望と提言は、中同協の「国の政策に対する要望と提言」に沿って、呉支部政策委員会でまとめ支部理事会が承認したものです。
 重点要望として①中小企業振興基本条例の早期制定とその内容の実現、②中小企業の採用難と若者雇用への対応・支援、③すべての中小企業・小企業の現状と課題を把握、を提示しました。
 特に要望②に関連して、呉市と共催で「高校生と保護者のための就職ガイダンス」(5月19日 オークアリーナ)の開催が決定されています。
 同友会の景況アンケートでも人材採用難が経営課題の最上位になっています。また、呉市は人口転出超過地域として、全国でも上位にあります。
 地域で育った若者を地域にどう残すかが、行政、市民、経済団体など、呉市全体の共通課題になっています。
 
 また当日は、呉港高校ブラスバンドの元気な演奏をはさみ、第2部互礼会が開会。
 新会員紹介、年男・年女の紹介、そして呉支部総会&設立30周年行事のPRを行い、盛会に終わりました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

㈲メタルワーク福山 代表取締役  大植 栄 氏(福山支部)  コロナウイルスの感染症対策で、多くの会員企業が大きな影響を受けています。それを突破するアイディアはないのか…。そこで過去にあったバブル崩壊やリーマンショックな…

>続きを読む

綜合テント工業㈲  馬淵憲徹 氏(広島中支部)  4月28日、中國新聞の地域ニュースに、フェイスシールド3500枚が、広島県テント組合などから広島県医師会に贈られたという記事が掲載されました。写真の中で直接フェイスシール…

>続きを読む

㈲広島ピーエス 代表取締役  宮原和樹 氏(東広島支部)  新型コロナウイルスの問題で、全国的にマスクが不足し、特に病院等の医療現場では深刻でした。自動車機器メーカーへの部品および工場内の運搬機器を生産する㈲広島ピーエス…

>続きを読む
トップヘ