同友ひろしまNews

理念浸透とビジョンの重要性 尾道支部求人社員教育委員会

 委員会活動でメンバーから出た一言がきっかけで、独立から地域に根ざした1番店になるために試行錯誤された当時の様子や、現在に至るまでの経緯とともに、同友会活動を最大限に活用され経営理念・ビジョンの話とともにブレない真と時代とともに変化していく柔軟性を存分に教えていただいた報告に、自社に足りないものを感じさせていただいたご報告でした。
 各々業界の変化に対応すべくチャレンジする中にも、理念が浸透し、ビジョンが明確な会社はぶれることがない。またチャレンジもグループディスカッションの中で未来へ繋がる意見や、実際にシュミレーションできるレベルで話をするチームまで存在し通常のグループディスカッションとはまた違う楽しみ方ができたと思いました。
 「地域に根ざした質的にも本物感がある老舗型店舗・当たり前のことは当たり前に・大きな声でいらっしゃいませが言えるように。」など、どこか忘れがちになる当たり前を再度見直し、これしかない、これだけはという自分の会社らしい理念とともに、10 年先のビジョンを設定し、実現に向け前向きに進んでいきたいと思います。

『人生はロマンだ!』
捉え方は各々違えど、私には一番心に響いた言葉をいただき、打ち合わせから当日にかけて誰よりもたくさんの学びをさせていただき感謝いたします。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 政策委員会(宮﨑基委員長)は9月4日、県商工労働局との懇談会を開催しました。同友会から粟屋充博代表理事、県から佐伯安史商工労働局長が開会挨拶、15年間の懇談会の意義を確認しました。  まず同友会事務局が経営環境アンケー…

>続きを読む

 今年度で県立広島商業高校(広商)の2年生のインターンシップは16年目を迎えます。広商のインターンシップは、校長先生を始め先生方が、生徒の中小企業での就業体験に強い期待をもっておられることから支援を継続して来ました。  …

>続きを読む

報告者:㈱デイ・ディライト 代表取締役  藤原 克明 氏 (広島西支部) ●経営者が学ぶ姿勢に感銘  私は大学の建築学部卒業後、住宅メーカーに就職しました。しかし、大学のゼミで習ったプログラミングがどうしてもやりたいと思…

>続きを読む
トップヘ