同友ひろしまNews

中同協~憲章・条例月間キックオフ会議 「中小企業の日」が制定へ

 「中小企業は、経済をけん引する力であり、社会の主役である」とうたった中小企業憲章(憲章)が閣議決定されて今年で9年目を迎えました。中同協(同友会全国協議会)は6月4日、憲章・条例推進月間キックオフ会議を衆議院第2議員会館で開き、全国から127名(広島から4名)が参加しました。
 今年の特徴は、8政党の代表に憲章の精神を生かした中小企業政策の発言を求めたことです。多少の温度差はありましたが、全政党が中小企業の重要性を訴えていました。
 中同協はこれまで、憲章の国会決議や中小企業省や担当大臣の設置など、5つを国に要望してきましたが、その一つ「中小企業の日」が今年7月に設けられることになりました。自民党の中小企業・小規模企業事業者調査会長の竹本直一衆議院議員が「中小企業で働く誇りを国民と共有するために7月20日を『中小企業の日』とし、七月を中小企業振興月間にしたい」と紹介しました。
 広島県内では、広島県をはじめ廿日市市や東広島市で中小企業振興基本条例が制定され、7月には呉市で予定されるなど9つの自治体で制定されています。広島同友会は7月2日、条例の制定を促進し活用を考える学習会を開催する予定です。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

 2020年4月1日 会員のみなさま 広島県中小企業家同友会 代表理事 粟屋充博 立石克昭 勝矢珠容子 <代表理事メッセージ> 新型コロナウイルスに負けない! 一人で悩まないで! まず、会員や事務局に相談を! ~知恵と力…

>続きを読む

 4月1日、61社101名の合同入社式が広島(27社51名)、福山(14社21名)、呉(20社29名)の3会場で開催されました。  新型コロナウィルス感染症拡大の影響を考慮して、式典内容の簡略化、出席者の限定、マスク着用…

>続きを読む

 2021年3月卒業予定の大学・短大・専門学校生の新規学卒者を対象とした同友会の共同求人活動Jobway2021が68社で2020年3月からスタートしました。  しかし、2月中旬から新型コロナウイルスの影響が出始め、感染…

>続きを読む

 これまで「会員名簿」は、分厚くて重くて持ち運びしにくい。でもちゃんと使えば役立つ…。広報部ではそんな声を受けて、4年間にわたって検討を重ねてきました。  答えはアプリケーション化。インターネット環境があれば、いつでもど…

>続きを読む
トップヘ