同友ひろしまNews

環境経営委員会企業訪問 時代と地球に必要とされる企業に ㈱オガワエコノス(福山支部)

 ㈱オガワエコノス(会員・小川悟専務取締役)は昭和27年、小川衛生社としてスタートしました。以後、くみ取り・浄化槽メンテナンス、下水道施設の維持管理を手掛けます。昭和56年には府中市本山町に廃棄物資源化工場が完成。以後、リサイクル事業を展開します。
 現在では、木材や畳などの繊維くず、廃棄プラスチックはRPF(固形燃料)に加工、古紙類は製紙原料にしています。缶・瓶は分別して再資源化、事業系生ごみをたい肥化して販売、家電などの粗大ごみは分解・選別して再資源化するなど、持ち込まれた廃棄物の約七割を再資源化しています。どうしてもリサイクルできない廃棄物は焼却処理を行います。焼却の廃熱を利用して発電し、工場電力として使っています。
 生活関連事業としても、高齢者宅へゴミの訪問回収や空き家になった故郷の実家の不要物の一括処分請負、トイレ周りの衛生管理・清掃などを手掛けています。

 代表取締役会長の小川勲氏は「時代とともに社会の要請が変わってきて、それにこたえる形で事業を展開してきました。お客様の困りごとに応えるということは、社会にお役立ちすることだと考えています」と前置きし、「とにかく何でもやっていこうという事業意欲が大事です。法律が後からついてくることもありました。誰よりも一足早く取り組むことが他社の先を行く鍵です。そのためにも答えを先に見据えて、利益を投資に回してきました」など、取り組みの視点について語り、「いい会社をつくろうと、社員の働きやすい職場づくりや、地域との関係づくりも進めてきました。これからも努力します」と締めくくりました。
 参加者からは、「自社の事業の延長線上に、環境経営の考え方に基づく戦略があると実感した」という声が寄せられました。

㈱オガワエコノス
昭和27年創業、昭和40年設立
資本金1000万円
売上34億6000万円
従業員241名
URL:http://www.o-econos.com/index.html

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま の記事一覧

被爆電車(広島市)  1945年8月6日、広島に原爆が投下され市内電車も多くが被爆しました。その後、焼け野原になった広島の町を走る電車の姿は市民を勇気づけたと言われています。現在も原型をとどめる650形3両のうち2両は現…

>続きを読む

 「中小企業は、経済を牽引する力であり、社会の主役である」―こう高らかにうたった中小企業憲章は、2010年6月18日に閣議決定されました。  その2年後の2012年、広島同友会は憲章制定記念行事を行い、昨年は新型コロナウ…

>続きを読む

報告者:㈲広島金具製作所 代表取締役  水ノ上 貴史 氏 (福山支部)  私は「人手不足にジャストミート!」と自社の事業を定義して会社経営をしています。事業内容は雨どい金具メーカーで、中四国では1社のみというニッチな業界…

>続きを読む

報告者  原 さゆり 氏 (㈲フラワーショップはなよし 取締役副社長) ■花屋に指針書がいるの?  私は花屋を経営しており、「花屋に指針書は必要なの?」と当初は疑問を抱いていました。ですから最初は、ただ興味本位で経営指針…

>続きを読む

 去る6月11日、オンライン(Zoom)にて「2022卒採用の為の秘策~採用の基本と後半戦の戦い方~」を開催しました。講師はコォ・マネジメント(株) 代表取締役 窪田 司 氏です。参加者は38名(Jobway2022参加…

>続きを読む
トップヘ