活動レポートNews

「昔ながらのひやしあめで海外進出」三原支部7月例会

報告者:桜南食品㈱ 代表取締役 安井 健 氏

 7月例会は、「昔ながらのひやしあめで海外進出~自分にもできるんじゃ!~」と題して、桜南食品㈱ 代表取締役 安井健氏に自社での事例を発表していただきました。

 桜南食品は昭和30年に創業され、現在3代目として、三原のソウルドリンクである『スマック』をはじめとし、多様な清涼飲料水を製造されておられることはすでに周知の事実でしたが、その桜南食品が如何にして海外への商品展開をすることとなったのか、きっかけを交えながら紹介していただけました。
 市場における桜南食品の立ち位置、消費環境の変化、自社を取り巻く環境など、地方の中小飲料メーカーだけの力ではどうにもならないと思えるような状況も、隠さず話していただけました。そのような状況もあり、同友会活動を続けてきたけれども、社業に専念しなければ、元も子もないということで、次第に同友会から足が遠のいたそうです。
 そんな中、今まで自身では考えておられなかったルートから声が聞こえてきたそうです。それは、九州に留学しておられた中国人の方が、当時飲んでいた「しょうが湯が欲しい」と直接訪ねてこられ、中国での販売を希望されたことが発端とのこと。ただ、これまでは商社、卸問屋、小売店を通じての国内販売であったため、要求はあっても何をどうしたらいいのかもわからなかったそうです。
 しかし、そこでわからないからやらない、ではなく、「どうすればできるのか?」と考えられたことがポイントだったと感じましたが、やはりチャレンジの意欲があると道は開けるのか、ちょうど広島県としても県内ブランドを海外へ発信しようという取り組みがあり、それで踏み出すことができたとのこと。踏み出す前に思い描いていた中国と、実際に感じた中国との差、これは先人達が築いてこられた道があったからこそ、成功することができたと語られておられました。

 冒頭にNHKの「仕事の流儀」の如くストーリー建てた動画が流され、場を和まされてからの発表でしたが、これも、安井氏が同友会の例会からしばらく離れていたこともあり、どういった経緯で、再び同友会に出ることとなったのかがわかるとともに、例会への出席メンバーの増強のヒントにもなりました。
 発表後のグループ討論では、「自社で力を入れていることは何ですか?」というテーマのもと、各社で取り組まれていることが出され、自社の活動を改めて見つめる機会となり、とにかく行動することこそが前に向かう術であると感じられる例会でした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート の記事一覧

■開催概要について  去る6月10日(水)~12日(金)の3日間にかけてWEB合同企業説明会(以下、合説)を開催しました。  参加企業数は3日間の合計で21社(1日7社の企業が出展)でした。  今回の合説の企画意図として…

>続きを読む

 新型コロナウイルスの感染拡大が経営に大きな影響を及ぼしています。  この中で、東部エリアの経営労働委員会では「思考停止に陥らない」を掛け声に、同テーマの討論会を、5月7日(木)と6月4日(木)にZoomを使い開催しまし…

>続きを読む

 久々に集まることができた6月佐伯地区会例会。参加者からは、「久しぶり!元気にしとった?」「コロナの影響はどう?」とマスク姿ではありましたが、あちらこちらで話に花が咲きました。もちろん、手指消毒も欠かせません。  例会は…

>続きを読む
トップヘ