同友ひろしま/2019年/10月/News

更新日2019.11.01

「富国有徳の体現者たれ」 青年経営者全国交流会in熊本に1503名が集う

 去る9月12~13日、熊本で第47回青年経営者全国交流会が開催され、全国から1503名、広島同友会からは57名が参加しました。初日は分科会と懇親会、2日目は、全体会・記念講演・特別報告がありました。

 15分科会が行われました。その一つ、第9分科会では、福山支部の徳毛裕介氏(㈲徳毛レジン・写真上)が「社員に殴られたあの日から~ポンコツ後継者が強靭なチームを作れた理由」のタイトルで報告。涙ながらの熱い報告に、参加者がもらい泣きする場面もありました。
 2日目の全体会では、広浜・中同協会長があいさつで「富国有徳の体現者たれのスローガンは、同友会員の使命。でも会の先進性にどっぷりつかっているのはわずか。ビジョンの先頭に立ってほしい。若者には成果を出す時間がある」と呼びかけました。

 記念講演では、「くまモン」の産みの親でもある放送作家・脚本家の小山薫堂氏が「くまモンは、当たり前になりすぎて気づかない日常の幸せを再発見するためのキャラクター。幸せは探すものではなく、気づくものだ」と語り、自社を見つめなおし、未来のビジョンを描くヒントを参加者に与えました。
 特別報告では、田中信吾・中同協顧問が、「学びを深めるには、強い問いが必要。失敗を体験に昇華するためには、反省が必要。そして『もう一歩前え』行動してください」と、生き方の重要性を語りました。
 今回の青全交であいさつに立った熊本同友会の役員の皆さんがこぞって強調したのは、①あきらめずに取り組むことで1500名の目標を達成できたこと、②協力した事務局への感謝、でした。
 最後に、次回開催地の愛知同友会にバトンが引き渡されました。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2019年 10月 の記事一覧

 政策委員会(宮﨑基委員長)は9月4日、県商工労働局との懇談会を開催しました。同友会から粟屋充博代表理事、県から佐伯安史商工労働局長が開会挨拶、15年間の懇談会の意義を確認しました。  まず同友会事務局が経営環境アンケー…

>続きを読む

 今年度で県立広島商業高校(広商)の2年生のインターンシップは16年目を迎えます。広商のインターンシップは、校長先生を始め先生方が、生徒の中小企業での就業体験に強い期待をもっておられることから支援を継続して来ました。  …

>続きを読む

報告者:㈱デイ・ディライト 代表取締役  藤原 克明 氏 (広島西支部) ●経営者が学ぶ姿勢に感銘  私は大学の建築学部卒業後、住宅メーカーに就職しました。しかし、大学のゼミで習ったプログラミングがどうしてもやりたいと思…

>続きを読む
トップヘ