活動レポート/2020年/3月/News

2/5「『辞めない』職場環境のつくり方~どんな仕事をするかの前に、誰と仕事をするか~」広島安佐支部2月例会

報告者:㈲このみや 代表取締役 藤原 克実 氏

 去る2月5日(水)、TKP広島本通駅前カンファレンスセンターにて開催されました。参加者は、安佐北地区会より15名、安佐南地区会より17名(うち社員2名)、他支部より報告者含めて7名、広島信用金庫より6名、オブザーバー10名、合計55名でした。

 企業にとって厳しい採用環境が続いている昨今、今働いてくれている社員さんにいかにやり甲斐を持って永く働いてもらうかは、企業発展のカギを握ります。同社ではここ5年で15名の新卒採用を行ない、うち退職者はたったの1名。入社して一年以内の退職者は一人もいません。社員はどんな時にやりがいを感じるのか、そして何故、辞めていくのか。離職率10%以下を継続にさせている同社の取り組みから学びました。

アンケートから、参加者の皆さんの感想&学びをご紹介いたします。

「藤原社長が社員さんとしっかりコミュニケーションをとって、社員さんに合わせた働き方を実現されていることがすごいと感じました。休暇のネーミングなどは、コミュニケーションのきっかけになると勉強になりました」
「経営指針に”たましい”を込める」「『社員のタイプを知る』というお話が印象的でした。細かく分析することがなかったのですが、自社でも実践したいと思います」
「経営指針を活用した助成金・補助金申請はすごいと思いました。藤原社長の社員さんに対する思い。大切にしたいとの思いが伝わってきました。働き続けてもらうための基本戦略、参考にして自社でも取り組んでいきたいと思いました」
「人として認められる。仕事に対して意味を感じてもらう。社員一人ひとりと向き合っていくことが大切だと思いました」「”やめない職場”とは、”働きやすさ”の追求なんだと思いました。人へのコミュニケーション、モチベーション等、深掘りすることで大変『情のあるシステム』というものができあがっているのだと思いました」
「部下に背中を見せ、自身の働く意味の重要性を認識させるよう活動していきたいと思います」「このみや様の理念・ビジョンとやっておられる事業の整合性が素晴らしく腹に落ちました。今一度、自社の理念と事業をすり合わせて、深く見つめ直したいと思います。『人はより良く生きるために働く』というキーワードが浮かんでくる報告内容でした」

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

活動レポート 2020年 3月 の記事一覧

報告者:(株)はんべえ 代表取締役 金井 正樹 氏  今回の安芸地区例会では、半べえ庭園で4代続く老舗企業を承継された金井社長から現状の課題や、将来へ向けての取組等を報告して頂きました。報告の後には、実際にこだわりの日本…

>続きを読む

報告者 Penta 代表 山崎 直陽  南③地区会の2月例会は靴修理のお店を営むPentaの山崎さんの報告でした。独立して5年、売上が思うように伸びないと悩んでいるということで社外重役方式に振り切って行いました。  まず…

>続きを読む

講師:広島県地域政策局平和推進プロジェクト・チーム 主事 上野愛子 氏 講師:尾道OMOTENASHI㈱ 代表取締役 高山敦好 氏  この例会では私が実行委員長をさせていただき、「名前は知っているけど詳しくは知らない」「…

>続きを読む
トップヘ