同友ひろしま/2020年/2月/News

更新日2020.04.03

ちょっとした話(1)「新工場完成『この工場にできないことはない!』」 ㈱クニヨシ  早間雄大 氏(福山支部)

 「製缶板金機械加工において日本一をめざしています」と語る早間氏。
 同社では7つ目の拠点となる新工場では、国内最大級5面加工機と40tクレーンが設置され、陸上輸送できる限界重量までワンストップで自社対応できます。
 現在の社員数は50名。入会した16年前は早間氏と両親3人だけの会社でした。その当時から業界日本一になることを掲げ、働く環境の整備・働くやりがいづくり・分配に注力してきました。
 現在、平均年齢33歳。ここ2年で離職したのは1名。給与は初心者の方でも入社4年目で日本の平均年収に近づきます。新工場にはトレーニングジムと、貸し出し用のキャンピングカーがあります。「会社が良くなるイメージしかない」と社員によく言われるそうです。
 「社員がどんどん育っています。経営者として、やるべきことをしっかりやれば、社員からもお客様からも選ばれると思います。更なる難案件への挑戦です。わが社にできないことはありません」と次の一手を話す早間氏でした。

広島県中小企業家同友会

このサイトは、「広島県中小企業家同友会」が - 共に学び共に育つ - をモットーに運営しています。

詳しくはこちら

同友ひろしま 2020年 2月 の記事一覧

 毎年1月、各支部では新年互礼会が開催されます。新春講演会の講師として、広島エリア(中・東・西・安佐)、尾道支部、三原支部では各市長をお迎えしました。各地の概要をお伝えします。 【三原支部~1月30日】  三原支部の新春…

>続きを読む

 2月4日(火)、同友会福山事務所で、福山支部が今回で2回目となる懇談会を開催しました。  参加者は、福山市経済環境局から塚本局長、同経済部の岩木部長、藤井課長、前原次長の4名。同友会は16名の計20名でした。  開会に…

>続きを読む
トップヘ